健康な生活を送るには、まず食生活の見直しから。
野菜多めの食事がよいのは分かってはいるけれど、一日に必要な量を摂るのは大変だと感じることも多いでしょう。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

既婚の男女では野菜の摂りかたに違いがあるのでしょうか。
普段の食事で野菜の量が足りているのか調査してみました!

既婚男性はなぜ野菜が不足している?


既婚男性は7割くらいの方が野菜が不足していると感じているようです。
20代の既婚男性は野菜は足りていないと自覚していても、野菜ジュースを飲んで改善しようと考えている傾向があります。

実際には野菜ジュースで補うことも実行していないという回答がみられます。
妻の妊娠をきっかけに野菜不足な食生活に戻った、など野菜不足が少し気になるものの、自ら積極的に改善するという意識は低そうです。

30代の既婚男性は子どもがいるケースもあり、家族全員で食事に気遣い野菜を積極的にとらなければ、という意識は高まる傾向がみられます。

すず助手 すず

しかし、肉が好きで野菜があまり好きではなく、どうしても野菜が不足してしまうという意見もありました!
私も野菜よりお肉中心の食生活が多いので、気持ちはわかります~!どうしても好きなものだけ食べちゃいますよね!

また、朝や昼は忙しいため朝食を食べないとか、コンビニ弁当や外食がちになることから野菜不足を自覚しています。
不足分は時々野菜ジュースで補うという回答もみられました。


40代になると、仕事がさらに忙しいと感じ、家から持参したお弁当で野菜が入っていても足りないと感じているようです。
また、単身赴任などの影響で野菜が不足してしまうという意見がみられました。

特に単身赴任の場合には、野菜を一人分買うのが割高に感じてしまう、余らせてしまうために積極的に購入することをためらう傾向があります。
野菜の値段が高いことが野菜不足になる原因と考えている方もいます。
野菜不足で体調が気になるという自覚はあるが、野菜は嫌いという回答もあります。

50代以降の既婚者の回答の傾向も、40代の方とそれほど大きな違いはないようです。
しかし、年齢を重ねるにつれ野菜を積極的に摂ろうという意識が高まる傾向にあるようです。
入院などがきっかけに食生活のバランスを考えはじめる世代ともいえそうです。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

健康が気になるけれど、価格が高いし、調理が面倒ということが理由で野菜が不足しているという傾向がみられます。

野菜不足を感じない既婚男性の傾向とは

既婚男性で野菜が足りていると回答した3割の方の理由についてみていきましょう。

20代のころから、野菜不足を自覚して積極的に摂るようにしている、元々野菜が好き、配偶者が栄養に気を遣って野菜多めの食事がとれている、などの理由から野菜は足りていると感じている傾向があります。

30代になるとお腹周りの脂肪が気になってきたので、食生活の見直しで野菜多めの食生活に変える方もいます。
配偶者の方が野菜が好きであったり、野菜不足を自覚して積極的に野菜を普段の食事に摂り入れたりしているという回答がみられました。


40代の既婚男性にみられる傾向としては、外食を控えて自宅で食事をすることでお酒のつまみや、夕食に野菜を多くとるようになったという回答がありました。
また、普段から体を鍛えている方は野菜を多めにとって健康に気を遣っているという傾向があります。

50代以降で野菜が足りていると回答している方の多くは、野菜が元々好きであり、普段の食生活の中で自然に野菜を摂る食生活になっている傾向がみられます。
また、野菜を自分の畑で栽培しており、野菜の値段が少々高騰していても問題なく調達できていることもあるようです。

既婚女性はなぜ野菜が不足している?


既婚女性は6割の方が野菜が不足していると感じています。

20代の方はなぜそう感じているかという理由の中で、野菜の値段が高い、調理が面倒、野菜が嫌いという回答がありました。

野菜不足が気になるので気をつけてはいるが、いつも同じような野菜を購入しているので全体的にみたら栄養的には不足していると自覚しているようです。
また、配偶者が肉中心の食生活であり、それにあわせているうちに野菜不足になる傾向がみられます。

30代になると、共働きや子どもがいる家庭では、時間が足りないと感じており朝食を作る時間がない、お昼も抜いてしまうとか、ランチが外食であるために野菜不足になりがちであるという傾向がみられました。

また、野菜の値段が高いために家族全員分の食事に多くの野菜を摂り入れるのはお金がかかるためという回答もあります。
家族が野菜があまり好きでないことも野菜不足になる原因と考えているようです。


40代の既婚女性は肌荒れ、便秘、血糖値の上昇など体の不調を自覚するため野菜を積極的に摂らなければと自覚している傾向があります。
そのため、野菜ジュース、青汁などで補うようにしてはいるものの野菜不足であると感じています。

その理由としては、野菜が嫌い、調理する時間がない、野菜の値段が高いため、など30代と同様の傾向がみられます。
体調を気にして時間のかからない方法で野菜の栄養分を補おうとしている方が多い傾向にありました。

50代以降の既婚女性は、家族には野菜を食べてもらおうと気をつけてはいるものの、自分のことは後回しになってしまう傾向がみられます。
また、一日に必要な野菜の量を食べるのは難しく、野菜ジュースで補ってはいるが足りていないと感じているようです。

ただ、野菜ジュースで野菜を補おうとする方が多いみたいですが、野菜ジュースはカロリーや糖分などの心配もあるので、健康やダイエットを気にする方には向いていない場合もあります。
青汁と野菜ジュースはどっちがいい?栄養価やカロリーなどのメリット・デメリット徹底比較

野菜不足を感じない既婚女性の傾向とは?

4割くらいの既婚女性は、普段の食生活で野菜は足りていると回答しています。
20代の方では、子どものために野菜多めの食生活を心がけて献立を考えているので野菜不足を感じないという回答がありました。
毎食一汁三菜を意識している方もいました。

30代ではもともと野菜が好きなので野菜は足りているという回答がありました。
また、美容のため、家族のために意識して複数の野菜を使って料理をするようにしているという傾向がみられます。
料理をするときには積極的に野菜を取り入れ、工夫をしているようです。


40代になると、病気をきっかけに毎日350g以上野菜を摂るように食生活を見直したり、家族の健康を気遣って野菜多めの献立を考えたりするという傾向がみられます。
スムージーや青汁、野菜ジュースなどを意識的に取り入れている回答もありました。

50代以降の既婚女性では、野菜の値段が高いが、家庭菜園などで自分で野菜を作っているため不足していないという回答がありました。
また、40代の既婚女性と同様に青汁や野菜ジュースを積極的に摂っている傾向がみられます。
煮物にしたり、蒸したり、炒めたりなど調理方法を工夫しながら毎食欠かさず野菜を摂るような工夫をしているという回答もありました。

1日に必要な野菜の摂取量についてはこちらも参考にしてください!
1日の野菜の摂取量!野菜不足で起きる症状?&青汁で補える?メリット&デメリット

野菜不足になる、ならないの違いは?

既婚男女を年代別にみると理由に多少の違いはあるものの、野菜不足かそうでないかは共通した傾向がみられました。
野菜不足になる理由としては本人も含め野菜がもともと好きではない、野菜不足を自覚しても食生活の改善をしていないなどの回答がありました。

また、野菜の値段が高い、一度に多くの量をとることが難しい、調理の時間がないなどの理由で野菜不足になると回答しています。
一方野菜不足でない方は野菜が好き、かつ意識的に野菜を摂るように工夫している傾向がみられます。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

調査の結果から男女年代問わず、本人や家族の健康のために野菜が必要と考えるかどうかで、野菜不足になる度合いが決まるといえそうです。
青汁なら、野菜ジュースなどと比べてもカロリーが低く、健康的に野菜不足を補えるので、野菜不足を感じているならまずは試してみるといいかもしれません!

青汁から野菜を摂るメリットについては、こちらのページを参考にしてください♪
1日の野菜の摂取量!野菜不足で起きる症状?&青汁で補える?メリット&デメリット