毎日、野菜をしっかり摂っていますか?
野菜が不足すると、健康や美容の面で不調になることが多いです。

しかし、ついつい肉類ばかり食べてしまう人もいるでしょう。
男女によっても摂取量に差があるかもしれません。
世間の人たちはどれぐらい野菜を食べているのでしょうか。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

そこで今回は男女100名ずつに、野菜不足だと感じるかアンケートを実施しました。
回答を紹介しつつ、男女間の比較も行っていきます♪

野菜不足だと思っている男性が多数!自炊が苦手


アンケートの結果、77名の男性が「はい」と答え、「いいえ」と答えた男性の数を大きく上回りました。
ほとんどの男性が野菜不足を自覚していることが分かる結果であったといえます。
「摂らないといけないとは思いつつも、なかなか食べられないので困っています。(30代/男性/正社員)」というように、野菜の必要性を理解しながらも摂れていない人が目立ちました。

不足する主な理由としては、あまり自炊をしないことが挙げられています。
男性は、料理が苦手である人が多いことも関係しているでしょう。

「一人暮らしで自分は男なので、ついついコンビニやインスタントに頼りがちだから(30代/男性/無職)」というような回答が多数見られ、コンビニ弁当やレトルト食品に頼っている人が多いことが分かりました。
また「油ものに食事が偏ってしまいがちで、どうしても野菜類の摂取量が少なくなっています。(50代/男性/公務員)」というように、野菜より肉類や揚げ物を好む意見も多く見受けられました。


野菜ジュースを飲んでいるから大丈夫という男性も!

「いいえ」と答えた男性は少なくて23名でした。
多く見られたのは、野菜ジュースを飲むことを習慣にしている人です。
仕事で忙しい男性であっても、野菜ジュースであれば摂取しやすいからでしょう。

「野菜ジュースをよく飲み、野菜もできるだけ取るようにしています。(50代/男性/個人事業主)」というように、野菜ジュースだけでなく、野菜自体も積極的に摂っている人も見られました。
ただの野菜ジュースではなく、「毎日3食野菜を食べている。また朝食には青汁も飲んでおり、比較的食べているとは思っている(30代/男性/個人事業主)」というように、青汁を飲んでいる健康志向の人もいます。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

ただし、野菜ジュースは糖分や果汁で味を調整されているので、健康やダイエットなどの目的では向いているとは言えません。

詳しくはこちらへ。
青汁と野菜ジュースはどっちがいい?栄養価やカロリーなどのメリット・デメリット徹底比較

また料理をしてくれる人が身近にいる場合は、野菜をよく食べている傾向が見られました。
「母親がいつも健康に気を使った食事を出してくれるため、あまり野菜は好きではないですが毎日よく食べます。(10代/男性/学生)」というように、母親や妻と住んでいる場合は不足しにくいようです。

女性も不足している人のほうが多い!一人暮らしの場合に顕著


アンケートの結果、「はい」と答えた女性のほうが多く、77名いました。
一人暮らしをしていると、不足してしまうことがうかがえました。

料理をする女性であっても、「一人暮らしをしているので、あまり野菜の種類が買えない。トマトとレタスばかりで、緑黄色野菜が足りない気がする。(20代/女性/学生)」というように、野菜の種類が偏ってしまいがちです。
「一人暮らしで自炊中心だと一つの食材をなかなか消費できず、同じ食材を何日もかけて食べることが多い。野菜も毎日数種類摂りたいと思うが、まんべんなく摂ることは難しい。(20代/女性/パート・アルバイト)」というような意見が多く、一人では消費が難しいことが原因であると考えられます。また「自炊をしていて、野菜が高いからあまり買わない。でも、嫌いな訳ではない。(20代/女性/学生)」というように、金銭的な理由で不足している人もいました。


また結婚している場合でも、不足していることがあります。
「子供たちが野菜嫌いで自然と少なくなる。また、何品もおかずを作るのが苦痛なので、肉などのメインに野菜はトマトとか簡単なものになり、たくさんは取れていない。(40代/女性/正社員)」というように、家族の好みの影響などがその理由です。

野菜好きの女性の場合は不足しにくい!

「いいえ」と答えた女性は23名で少数派でした。
理由として多かったのは「野菜が好きで、自炊する日も外食でも肉より野菜の料理を食べるから。(30代/女性/個人事業主)」というように、野菜が好きであるという意見です。
「野菜が好きなので、無理せず嗜好に沿った食事をすると自然と野菜中心になります(20代/女性/パート・アルバイト)」というように、特に意識しなくても十分食べている人が多いようです。


また、食べ方のバリエーションも豊富であることが分かりました。
その中でも「毎食サラダやスープといった形で緑黄色野菜を摂取しているため。(20代/女性/個人事業主)」というように、サラダとスープが特に人気です。
「バランスのとれたよい食事をしているので野菜不足と感じたことは今まで一度もありません。(30代/女性/個人事業主)」と答える人もいるなど、自信を持って回答している人が多いこともうかがえました。

男女ともに不足を自覚している人が多数派!ただし認識に違いあり!

今回のアンケートでは「はい」と答えた人のほうが多く、男女ともに77名でした。
しかし両者の回答には、大きな違いが見られます。

「はい」と答えた男性の多くは、野菜の摂取量が極端に少ない人が多いです。
それに比べて女性が「はい」と答えた理由の多くは、摂取する野菜の種類が不足しているというものでした。
つまり女性のほうは、何らかの野菜は摂っていることが多いと分かる結果であったといえます。

「いいえ」も男女ともに23名でしたが、こちらの傾向にも違いがあります。
男性は野菜ジュースを飲んでいるケースが多く見られました。
それに比べて女性は、野菜を使った料理をしっかり食べている人が多くいます。

男女に共通していたのは、忙しい場合は野菜を食べる頻度が減ってしまうことです。
忙しくなりそうな場合は、あらかじめ青汁などを購入しておくと良いでしょう。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

粉末タイプや冷凍タイプの青汁であれば、長期保存も可能です。
それらを上手く利用して、野菜不足をカバーしてみてはいかがでしょうか♪

青汁には野菜不足の解消だけではなく、女性にも男性にも嬉しいダイエット効果や美肌効果もあると言われています♪
賢く青汁を取り入れたいですね!!
青汁のダイエット効果は?本当に痩せる?青汁の置き換えダイエットの効果的なやり方
青汁に美肌効果、アンチエイジング効果がある?肌荒れ、ニキビなどの肌トラブルが改善する?