食の欧米化が進み現代人の野菜不足が深刻化しているなかで、どれくらいの人が意識的に野菜を摂取しているのでしょうか。
野菜に含まれている栄養素は健康はもちろん美容にも必要不可欠なものです。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

そもそも、1日に必要な野菜の量を把握している人がどれくらいいるのか気になりますよね。
そこで、1日の推奨摂取量の認知度についてアンケートを行いました!

健康志向で野菜への意識が高まる!


アンケートの結果、350gがもっとも多い回答となりました。

・サラダを毎食つける。野菜ジュースを飲む。メインの料理にも、野菜を入れるようにしている。(40代/女性/パート・アルバイト)
・テレビを見ていた時にCMでこれぐらいと言っていた覚えがあったから。(30代/男性/正社員)
・野菜ジュースのパッケージに書いてあった気がしたので350gと認識しています。(20代/男性/正社員)
・一度にたくさんの野菜を摂るのは大変なので、毎食少しずつ野菜を摂るように工夫してます。(40代/男性/正社員)


野菜を毎食摂り入れるよう心がけているという人が多くみられました。
しかし、350gといえば結構な量でサラダのみで摂り入れようとすれば相当無理をしなければなりません

そこで、副菜やメインにも野菜を使うことで無理なく摂れるよう工夫をしているようです。
また、メディアや商品のパッケージで見聞きしたものを記憶して350gと答えている人も比較的多くいたことから、健康を維持するために野菜への意識の高さがうかがえる結果となりました。


野菜が好きか苦手かで結果が分かれる!?

2位は250g、3位が僅差で450gという結果になりました。

・なんとなくですが、250gくらい摂取できれば大丈夫な気がする。(30代/女性/パート・アルバイト)
・250gくらいあれば、充分なのかなと。僕は思いますね。個人的には(30代/男性/パート・アルバイト)
・自分は生野菜が苦手で食べないのでその分野菜ジュースを飲んでいます。(20代/女性/無職)
・サラダ、味噌汁、温野菜、煮物など複数の料理で多くの種類の野菜を摂るようにしている。(40代/女性/パート・アルバイト)
・野菜の少ない地域に住んでいるので、摂取が少ないと感じる時は青汁やサプリを飲んでいます。(40代/女性/専業主婦(主夫)

350gと答えた人に比べると、野菜を摂るという行為自体にそれほど関心がないことがうかがえます。
野菜が苦手で野菜ジュースで補っているという意見もありましたが、極少数派の意見に留まっています。

逆に、450gと回答した人は野菜を摂ることに抵抗がなく、毎食ストレスなく十分な量を摂取できている人が多いことがわかります。
さらに、青汁やサプリで不足分を補っていることから健康への意識が高いことも頷けますね。

食事で補えないときはどうする?食生活に摂り入れたいもの

1日に必要な野菜は350gといわれています。
意外にも多くの人が知っていた結果となりましたが、その大半は毎日摂ることは難しいと考えているようです。

青汁で補うといった意見もみられましたが、栄養を手軽に摂取できるので、野菜を摂り入れるのが面倒と感じている人や料理をする時間がない人には非常に便利といえるのではないでしょうか。


健康な食生活とは野菜を食べることだけが重要なのではなく、どれだけ栄養素を身体に摂り込めるかが大切になります。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

調理法にこだわったり健康食品で補ったりして栄養素の質に着目することが、野菜を摂取する上で欠かせないポイントといえるのかもしれません!