栄養たっぷりの野菜は子供が健やかに成長するために欠かせない食材ですが、一方で野菜嫌いの子供に困っている親の方も多いのではないでしょうか。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

子供の好き嫌いは毎日の献立を考えるお母さんにとっては悩ましい問題ですよね。
そこで今回は同じように子供の野菜嫌いに悩んでいる人はどれくらいいるのか、アンケートをとってみました!

ちゃんと野菜を食べる子供の方が少しだけ多い!

アンケートでは「いいえ」と回答した人が56人と半数より少し多い結果となりました。

・野菜嫌いではないのですが、生野菜はあまり食べないから温野菜等にしたりスープやジュースにしたり工夫はしています。(30代/女性/専業主婦(主夫))
・嫌いな物もありますが、必要性を話し食べるようにさせています。細かく切りハンバーグやカレーに入れます。(50代/女性/専業主婦(主夫))
・小さいころからスープやサラダを工夫してきたので、特に野菜嫌いにはなっていません。よく食べます。(40代/女性/専業主婦(主夫))
・小学校に入って給食を食べるようになったら、何でも食べれるようになったので。(40代/女性/専業主婦(主夫)

食べないわけではないものの、中には嫌いなものもあるという回答が多く見られました。
そういうものもちゃんと食べるように、多くの人が様々な工夫を凝らしていることがうかがえます。


そういった工夫を重ねることで野菜嫌いにならずに育った、という回答もあげられました。
諦めずにいろいろな方法を試してみることが大事なようです。

すず助手 すず

また給食のおかげで食べるようになった、という回答も見られました。
様々なメニューが出たり友達と一緒に食べることで、野菜嫌いが改善されることもあるんですね!

野菜嫌いに悩んでいる人も多数!

一方で44人の人が「はい」と回答しました。

・離乳食から野菜をたくさん食べさせていたのですが、いつの間にか野菜嫌いになり食べさせるのに苦労しています。(30代/女性/専業主婦(主夫)
・離乳食の時は好んで食べていたのに、成長するにつれ緑黄色野菜が嫌いになっていきました。小学校入るまでずーっと嫌いでした。小学校に入って少しずつ食べられるようになってきましたが、基本的に今でも嫌いですね。(30代/女性/正社員)
・野菜嫌いです。でも、なるだけ食べて欲しいので試行錯誤をしながら料理してます。苦手な野菜はカレーライスの時に小さく刻んで混ぜ込むようにしてます。(30代/女性/パート・アルバイト)
・3歳の息子は大の野菜嫌いでミキサーなどで原型を無くすとなんとか食べてくれますが、1センチ角の野菜程度も食べません。(20代/女性/専業主婦(主夫)


離乳食の頃は食べてたのに、いつの間にか野菜嫌いになっていた、という意見が多く見られました。
成長して気がついたら野菜嫌いになっていた、ということもあるのでまだ幼い子供がいる人も注意する必要があるようです。

子供の野菜嫌いに悩んでいる人もカレーライスの中に混ぜ込んだり原型をなくしたりして何とか食べてもらおうと様々な努力をしていることがうかがえます。
嫌いでもちゃんと食べてもらえるように、多くの人が工夫を凝らしているようです。

健康のためにも栄養が偏るような食事は厳禁!

アンケートの結果、野菜を嫌がらずにちゃんと食べるという回答がそうでないという回答よりも少し多い結果となりました。
とは言えちゃんと食べる子供の中にもいくつか嫌いな野菜があるというケースが多いようです。

どちらにしろ栄養が偏らないような食事のメニューには多くの人が頭を悩ませていることがうかがえます。
無理やり食べさせようとするとその時の嫌な思い出がトラウマとなって大人になっても食べられない、ということにもなりかねません。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

健康的に育つためにも、野菜を好きになってもらえるような工夫をすることが大切だと言えるでしょう!
例えば、フルーツ青汁などは美味しくて子供にもとても好評です!
私からもオススメですよ!

子供でも美味しく青汁を取り入れていくための解説は、こちらのページでしていますので参考にしてみてくださいね!
子供にもオススメな青汁の飲み方は?アレンジ、料理など!