美容や健康維持のために役立つものとして、いろいろな飲食物が注目されています。
青汁もその一つではないでしょうか。

青汁には、苦味が強い、独特のニオイがあるなど、マイナーなイメージもありましたが、今では飲みやすい商品も増えています。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

青汁を飲むためには、飲み始める年齢も大事かもしれません。
そこで、青汁を飲み始めるのに理想的な年齢について、男女100人を対象にアンケート調査を実施しました!

成人してからが理想的だと思う人多数!栄養バランスの調整などが期待される


アンケートの結果、「成人~」と答えた人が最も多いことがわかりました。

・できるだけ早い時期から飲み始めると健康を維持できそうな気がする(20代/男性/学生)
・子どものうちは、親がバランスを考えてご飯を食べさせてくれるが、自立したら偏った食生活になってしまうから。(20代/女性/パート・アルバイト)
・子供のころは生野菜を食べる練習をした方が良いと思います。それ以降は手間をかけずに摂りたいです。(30代/男性/正社員)
・大人になってからだと、お腹にも負担なく飲めると思います。子供は下痢の心配があります。(40代/女性/パート・アルバイト)

こちらの回答者には、青汁を飲む習慣は早いほうがよいと考える一方で、成人するまで待つ必要があるという、2通りの考え方があるようです。
健康づくりには若いうちから始めるほうがよいですよね。

特に、親元を離れたり、飲み会が増えたりする20代は、栄養バランスを整えるためにも青汁は必要な年齢かもしれません。
成人するまでは野菜をしっかり摂取することや、お腹への負担軽減のためにも、青汁は控えたほうがよいとの考え方がうかがえました。


葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

青汁には、粉末や粒状タイプなどがあり、お手軽に摂取できるメリットにも注目されています。
そのため、ライフスタイルに合わせて無理なく始めることが大事ではないでしょうか!

小さいころからが望ましい?加齢とともに減少傾向がみられる

アンケートの結果、「赤ちゃん~」に次いで「30代~」「40代~」「50代~」「60代以上」の順となりました。

・乳幼児以外だったら飲めるのでは。子どもでも飲める青汁、売られていますよね。(40代/女性/派遣社員)
・30代くらいになってから健康診断の数値が悪くなった事からはじめました(40代/男性/正社員)
・40くらいから病気が多くなるので、体調に不安を感じたら飲みのもいいですね。(30代/男性/正社員)
・ある程度歳を重ねてからで良い気がするので50代くらいがベストだと思います。(20代/男性/正社員)
・CMなどで見かける青汁販売などのユーザーの方は多くがご年配の方だと認識しているため。(10代/男性/学生)

二番目に多いのは「赤ちゃん~」という回答。
子ども用の青汁があるようですね。
ただし、乳幼児期は避けることが大事だとわかりました。


以降、年齢が高じるごとに回答者数が減少していく点に特徴がみられます。
健康診断の数値が悪くなるころ(30代~)と、体調に不安を感じるころ(40代~)を選んだ人は同数になっています。

年齢を重ねてから飲むもの(50代~)や、愛用者には年配のイメージがある(60代以上)などの捉え方にも注目されます。
自身の体験に基づく回答や、若い世代がシニア世代を意識したコメントなどもあり、青汁を身近に感じるかどうかのヒントになるのかもしれませんね。


葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

青汁は子供でも安心して飲めるドリンクとして有名です!
野菜嫌いの子供の栄養補給や、健康なカラダ作りに一役買ってくれる飲み物ですね!

青汁を何歳から飲み始めてもいいのかについては、こちらのページで詳しく解説しています♪
青汁は子供(赤ちゃん、幼児)が飲んでも大丈夫?いつから飲む?注意すること

青汁は身近な存在!自分に合うものを選んで続けることをおすすめ

アンケートの結果、青汁を始める年齢は「成人~」が最も多く、回答者のちょうど半数を占めることがわかりました。
外食の機会が増えて野菜不足を感じることから、栄養素の補給が必要なようです。

また、年齢が高じるにつれて健康への不安要素が増えるとの考え方にもうなずけます。
なお、子どもが青汁を摂取するときは、健康被害の有無について十分確認することが大切ではないでしょうか。

青汁は水や牛乳に溶かして飲むほか、料理に入れるなどでも注目されています。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

原材料や配合成分などを参考にしながら、自分に合ったものを選び、美容や健康の維持・増進のために続けることをおすすめします!

青汁の「健康への効果」、そして青汁の「美容効果」でもそれぞれ詳しく解説していますので、参考にしてください♪