生活習慣病のひとつである糖尿病は、いまや日本人の国民病ともいえるほど、予備軍も含め患者の多い病気です。
糖尿病には血糖値やヘモグロビンA1cの数値が大変重要であり、血糖値の上昇に悩んでいる人も多いでしょう。

そんな人に朗報!青汁に血糖値を下げる効果があるのです。
青汁の血糖値への効果について詳しく見てみましょう。

血糖値が高くなる原因は?糖尿病にも繋がるリスクが…

生活習慣病検診などで必ず入っている血糖値やヘモグロビンA1cの検査項目。
これらは主に糖尿病の有無についての検査ですが、血糖値と糖尿病の関連性とはどういうものなのでしょうか。

まず血糖値とは血液中に存在するブドウ糖の数値のことをいいます。
ブドウ糖は食事で摂る炭水化物や糖分から生成され、脳や体を動かす大切なエネルギー源となり、生きていくうえで欠かせないものです。

ですが糖分や炭水化物の摂りすぎや、運動不足、ストレス、アルコールの飲み過ぎなどの生活習慣の悪化による外的要因や、インシュリンの働きが悪くなった、あるいは遺伝など、内的要因でブドウ糖の血液中濃度が高くなることがあります。

膵臓で分泌されるホルモンのインシュリンは、血液中のブドウ糖をエネルギーとして利用できるようにする働きがありますが、インシュリンの分泌が悪いとその働き自体が悪くなったりできなくなったりします。
そうなると血糖値が高くなり、糖尿病を誘発する原因となります。



糖尿病自体は痛くもかゆくもありませんが、ほうっておくと合併症を引き起こします。
血糖値が高いままで放置していると神経や血管が冒され、網膜症や腎臓病、神経障害や手足の壊疽につながることがあります。
網膜症は失明の恐れがあります。

また、重い腎臓病になり人工透析を余儀なくされることもあります。
糖尿病は怖い病気なのです。

青汁が糖尿病予防・改善に効果的な理由とは?

糖尿病にならないように、生活習慣病検診などで自身の血糖値などを調べ、必要に応じて対処することが必要です。
糖尿病予防として取り組めることのひとつが、まずは血糖値を上げない生活習慣を送ることです。

また、すでに血糖値が高めの場合や糖尿病と診断された場合は、医師の診断を受け、処方に則った血糖値改善や食事療法など、血糖コントロールを行うことが大切です。
血糖値を上げないようにするためには、有酸素運動などで適切に酸素を取り入れながら血液中の余分な糖を燃焼することが大切です。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

また、毎回の食事の内容や糖分、塩分の調整も大事なのですが、挫折しやすいのが食事療法でもあります。
そんな場合に青汁が大きな役割を果たします。
青汁には、糖尿病予防や改善に効果があると言われているのです。

すず助手 すず

なぜ、青汁が糖尿病予防や改善にいいと言われているんですか?

青汁はケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉などが主原料として利用されていますが、どの原料も食物繊維やビタミン類が豊富で、これらは血糖値を下げる効果があると言われています。
特に桑の葉は、炭水化物からブドウ糖への分解を阻害するデオキシノジリマイシンという成分が含まれています。

食事でご飯やパンなどの炭水化物を摂取しても、ブトウ糖への分解をしにくくするという効果があるので、食事の内容や量をあまり変えたくないという場合には桑の葉の青汁を試してみるとよいでしょう。

桑の葉についてはこちら青汁に配合されている「桑の葉」の栄養と効果・効能とは?ギャバやポリフェノールでダイエット効果?で詳しくお話しています。

いつ飲むのが効果的?野菜嫌いでも青汁ならメリットたくさん♪

血糖値を下げる効果がある青汁ですが、どういう場合に飲むのがよいのでしょう。
これは血糖値が上がるメカニズムを知っておく必要があります。

食事を摂って食物が胃に入り消化されたあとは、栄養素が分解され小腸で吸収されます。
そして肝臓に送られた栄養素のうち、ブドウ糖はグリコーゲンに変えられ、ブドウ糖を血液中に放出し、全身にエネルギーを送ろうとします。


このとき膵臓から分泌されたインシュリンの働きで、過剰なブドウ糖が血液中に入り込まないようにし、細胞が血液から必要なエネルギーだけを取り込めるよう調整をするのです。

このことから、栄養価は高いが、炭水化物や糖分が含まれない青汁を摂取するということは、消化吸収という過程で血糖値が上がりにくい、ということがわかります。

また、固形物は胃などでの消化・分解などで吸収されるまでに時間が必要です。
水分・液体などは消化の必要がないので吸収が早く、それだけ血糖値が上がりやすいですが、糖質の含まれない青汁を食事の前に摂取するということは、血糖値の急上昇を避ける効果があると言われ、また食べすぎを抑制する効果も期待できます。

したがって、夜など活動の少ない時間帯の、食事の前に青汁を飲むのが効果的だといえます。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

また、青汁には野菜に含まれるビタミンなどの栄養素が豊富に含まれているので、野菜嫌いの人にも手軽に野菜の栄養素を摂取しやすいというメリットがあります。

規則正しい生活や食生活の改善も必要

青汁の原料であるケールや大麦若葉、桑の葉や明日葉には、豊富な栄養素が含まれています。

特に食物繊維は腸内環境を整え便秘の予防に役立つとともに、血糖値を下げる効果があるため、青汁を飲むことによって、糖尿病の人はもちろん、糖尿病にはまだなっていないけれど、血糖値が高めの人にとってもうれしい結果がもたらされそうです。


ですが、青汁だけをせっせと飲んで、食事の内容や食べ方も見直さない、アルコールの量も考えない、運動も相変わらずしないという、生活習慣そのものを見直すことをしないでいるのであれば本末転倒です。

糖尿病は食事の内容や運動量など、普段の生活習慣の乱れが遠因となります。
積み重なったこれまでの生活習慣が、血糖値の下がりにくい状況を作り、糖尿病に至る下地を作るのです。

青汁だけに頼るのではなく、そもそもの習慣自体を見直すことが根本的な予防や治療につながります。
暴飲暴食をやめ、栄養の偏った食事内容を改善するといった、賢い食生活を送るための知識や行動が大切ですし、また、睡眠不足も血糖値上昇に少なからず影響を与えます。

睡眠をしっかりととったり、ストレスを溜めないよう余暇をとったり、ストレス発散の意味も込め、適度な運動を習慣付け規則正しい生活を送ることが必要です。


青汁は血糖値上昇を防ぐための治療として飲用するのではなく、健康維持を目的とし、補助的な位置づけで適切な飲用をしましょう。

血糖値が気になる人、糖尿病にオススメな青汁一覧

血糖値が高めな場合や、糖尿病で血糖値コントロールが必要な人におすすめの青汁があります。

大麦若葉を主原料とし、糖の吸収をおだやかにする難消化性デキストリン配合の青汁です。
そもそも大麦若葉は麦になる前の青葉の状態のものですが、血糖値を下げる効果がある食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富です。


野菜不足を補い、血糖値を下げ、なおかつ糖の吸収を下げる成分が入っているのですから血糖値の上昇が心配な人にはうれしい青汁です。
大麦若葉についてはこちら青汁の主原料の王様!「大麦若葉」の栄養成分と効果・効能、飲みやすさは?へ。

また、桑の葉の成分の効果も見逃せません。
桑の葉に含まれるビタミンやミネラルはもちろん、デオキシノジリマイシンという成分が糖の吸収を抑える働きがあることから、桑の葉を主原料とした青汁は血糖値の上昇を抑えたい場合や、糖尿病の人の血糖値コントロールにおすすめです。

桑の葉の青汁の中には、高機能たんぱく質配合のもの、乳酸菌入りのものなど、血糖コントロール以外の効果をねらった製品もあります。
高機能たんぱく質はカルシウムの吸収率を上げる効果が期待でき、乳酸菌は腸内環境を整え、また免疫力のアップも期待できます。

血糖値ケア以外に調子を整えたい部分がある場合に、こういった複合的な効果が望める青汁を選ぶとよいでしょう。