妊娠中はお母さんが食べたものがそのままお腹のなかの赤ちゃんの栄養分となるため、口にするものには気をつかいますよね。
実際に妊娠中には摂取しないほうがいいといわれている成分はたくさんあります。
青汁は体に良いとされる飲み物の定番でもありますが、妊娠中の摂取は問題ないのでしょうか。

ここでは妊娠中や授乳中の青汁摂取について取り上げます。

妊娠中や授乳中のママが青汁を飲んでも大丈夫?

妊娠中や授乳中に青汁の摂取を気にしている人の多くは、ビタミンAの摂取について不安を持っている人でしょう。
ビタミンAというのは豚肉やレバー、うなぎなどに多く含まれることで知られる栄養素です。

このビタミンAには目の機能を維持する働きをしたり、がんの抑制効果があったりするものですが、妊娠中の過剰摂取は奇形児が生まれるリスクがあるとされており、控えるように指導されます。
青汁にもこのビタミンAは豊富に含まれているため、妊娠中の摂取に不安を覚えるのも無理はないでしょう。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

しかし、結論からいってしまえば、青汁を妊娠中に飲むことは何の問題もありません。
むしろ、効率的な栄養摂取ができ、胎児の発育を助ける働きがあるため推奨されています。


ビタミンAというのは大きく分けて動物性のものと植物性のものに分けることができます。
このうち、動物性のビタミンAであるレチノールというものが奇形のリスクがあるとされています。

一方、植物性のビタミンAであるベータカロチンにはこのような心配はありません。
青汁に含まれているのは植物性のビタミンAであるベータカロチンなので妊娠中や授乳中に飲んでも問題ないのです。


ただし、カフェインや食品添加物が入っているものは避けるようにしましょう。
また、飲み過ぎにも注意が必要です。
青汁には豊富なカリウムが含まれており、適量の摂取は妊娠中毒症の予防などに効果があるのですが、飲み過ぎはカリウム中毒になる可能性があります。

妊婦さんや産後ママに嬉しい青汁の効果とは?

妊娠中や授乳中のママにとって青汁は非常に有効な栄養摂取方法の一つです。
まず、妊娠中は一定期間つわりなどが酷くて食べ物を口にすることができなくなる傾向にあります。



稀につわりがない人もいますが、そういった人であっても妊娠中は食べ物の好みに変化が出てくる傾向にもありますので、好き嫌いが多くなりがちです。
そんな状態であっても、青汁を飲んでさえいれば効率的に栄養補給をすることができます。

健康な体作りは出産や育児に不可欠な要素ですので、飲み物として手軽に栄養摂取ができるのはとても心強い味方でしょう。
特に、妊娠中はカルシウムや鉄分が不足しやすいといわれていますが、青汁にはカルシウムも鉄分も豊富に含まれています。

これらの栄養素が不足すると貧血だけでなく、骨がもろくなってしまう骨粗しょう症などのリスクも高まります。

また、便秘の改善にも効果的です。
妊娠中は腸の位置などが変わるため、便秘で悩む人は多いですが、青汁に含まれる豊富な食物繊維によって便秘改善効果が期待できます。

青汁の便秘解消効果についてはこちらも参考にどうぞ♪
青汁で便秘解消出来る?デトックス、腸内環境を整える効果?

このほかにも、ケールや明日葉などが体内にある有害物資を排出してくれ、妊娠中にいいとされている葉酸の摂取をすることもできます。

ケールについてはこちら青汁に含まれている「ケール」の栄養素、効果・効能は?美肌効果や便秘解消にもいい?

このように、青汁には妊娠中や授乳期に摂取しておきたい栄養素がたくさん含まれています。
別々に摂取しようとすると難しいですが、まとめて含まれていると非常に取りやすいですね。

妊婦さんなどに必要な”葉酸”とはどんなもの?

すず助手 すず

葉酸が妊婦さんに必要なものっていうのは私も聞いたことがあります!
でも、そもそも葉酸って一体なんなんだろう?

葉酸とは、水溶性のビタミンB群の一つで、細胞の生成や発育に大きな影響を与える栄養素です。

赤血球の生成を助けるため、造血ビタミンともいわれています。
元々は1941年にほうれん草の葉っぱから発見されました。

ここまで有名になった葉酸ですが、実は葉酸が妊娠中に重要な栄養素であるということが判明したのはつい最近のことです。
現在は母子手帳にも葉酸に関する説明が載っていますが、これも2002年ごろからの話です。

葉酸の研究はその後も進められており、血中のコレステロール値を減少させる働きなどがあることも分かってきました。
血中コレステロールの減少に関与するということは、動脈硬化や虚血性心疾患などをはじめとする心臓病のリスクを軽減することも期待されています。

このほかにも、コレステロール値が原因で発症する病気はたくさんあります。
生活習慣病などはその代表例で、葉酸を日常的に摂取することでこれらの疾患のリスクを軽減することができるともいわれています。

コレステロールについてはこちら青汁にコレステロールを下げる効果がある?その理由とは!

妊婦さんが必要な葉酸の摂取量は?葉酸が不足するとどうなるか?

すでに葉酸の基本的な働きについては解説しましたが、ここで特に注目したいのは、DNAなどの細胞生成に大きな影響を与えるという点です。

4週から12週程度の妊娠初期には胎児の細胞分裂が頻繁に行われます。
この時期に葉酸が不足してしまうと、胎児の体を構成する細胞分裂が上手くいかずに、先天性の疾患を持って生まれるリスクが高まるとされています。

葉酸不足によって発症する先天性の疾患のなかでも有名なのが二分脊椎症などに代表される神経管閉鎖障害です。
神経管閉鎖障害とは、中枢神経系のもととなる細胞が集合している神経管において異常が発生する疾患です。

神経管の下側に異常(閉鎖障害)などが起きた場合を特に二分脊椎症といい、下半身の運動機能に障害が出る可能性が高くなります。
排泄機能にも異常が発生することもあります。

ちなみに、神経管の上側に異常が発生した場合には脳機能などに異常が発生するため、死亡リスクが高まることも覚えておきましょう。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

また、葉酸の摂取量に関しては、1日あたり0.4mg程度が適切だといわれています。
ただし、1mgを大幅に超える量を摂取しない限りは過剰摂取によって体に害があるわけではありません。

青汁で摂取する場合には、1日分の青汁を飲んでいれば基本的には1日に必要な葉酸の摂取量を補えますし、野菜などの食べ物で摂取する場合には相当な量を摂取しなければ1日に必要な葉酸を摂ることはできません。
そのため、過剰摂取にはあまり過敏になりすぎず、食事のなかでも積極的に摂取するように心がけておくといいでしょう。



妊婦さん、産後ママにオススメな青汁一覧

冒頭でも書いた通り、青汁であればなんでもいいわけではありません。
妊娠中は自分だけでなく、まだ免疫力の弱い胎児にも影響があることですので、口に入る物は慎重に選ぶようにしましょう。

特に注意したいのは添加物です。

添加物というのは、食品や飲み物などが腐らないようにするための酸化防止剤や味付けなどに用いられる香料や甘味料のことをいいます。
これらの添加物が体にどのような影響を及ぼすのかということについては未だにはっきりとはわかっていないものの、胎児への影響や高血圧のリスクがあるといわれています。

たしかに、添加物が入っているものの方が飲みやすいのですが、飲みやすさを優先して胎児に負担を掛けてしまっては青汁を飲んでいる意味がありません。
そのため、青汁を選ぶ際には、かならず無添加のものを選ぶようにしましょう。

  • また、国産で作られていることも重要です。

外国で作られた野菜には体に害のある農薬などが使われていたり、その農薬が残留したりしている可能性が考えられます。
原産国について詳しい記述がない場合や積極的な記述がなされていない場合には購入を一旦控えて、原料の原産国を注意深く調べるようにしましょう。

このような要素を総合的に判断した結果、妊娠中や授乳期の人にオススメなのが「健康道場の粉末青汁」です。
サンスターから販売されている100%無添加の青汁であり、品質はとても高いことで有名です。

同様にサンスターから販売されている「緑でサラナ」という商品もおすすめです。
トクホにも認定された青汁で、非常に飲みやすいのが特徴です。

3つ目はマイケアから販売されている「ふるさと青汁」です。
一杯当たり90円以下と非常に安く、必須の栄養素も豊富に含まれていますので、長く続けるのに適した青汁といえるでしょう。
詳しくはこちらマイケア「ふるさと青汁」口コミはどう?明日葉のカルコン魅力がすごい!

お腹のなかの赤ちゃんが安全に元気に育つように、品質がしっかりと保証されているものを選びたいですね。

すず助手 すず

みどり教授!妊娠中といえば、なぜかみんな”マクドナルドのポテト”が食べたくなる人続出だそうですよ!!
つわりでもマックのポテトだけ食べたくなるこの現象は、妊娠中のあるある不思議体験みたいです!
私が毎日マクドナルドのポテトにハンバーガーをもりもり食べてしまうのも…もしや…!!

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

あなたはただの不摂生ね。