「青汁が身体に良い」ということは昔から言われていることですが、「青汁は美味しくない」「飲みにくい」といったマイナスのイメージから、実際に青汁を飲んだことがないという人はたくさんいます。

しかし、最近人気の青汁は美味しく、また飲みやすいため、生活習慣のひとつとして取り入れる人が増えつつあります。
そこで今回は、美味しくなった青汁の味を中心に解説します。

青汁はやっぱりマズい?!青汁はどんな味?

「青汁はマズい」というイメージを持っている人は多くいます。
昔ながらの青汁のイメージというのは、「青臭い」「えぐみがある」「飲みにくい」などといったマイナスのものがほとんどではないでしょうか。


こういったマイナスのイメージは刷り込みによって私たちの頭の中に植え付けられたようなもので、最近では商品開発の結果、とても美味しく、また飲みやすい青汁が多く出回るようになりました。
先ほどもご紹介したように、青汁独特の飲みにくさの原因として、青臭さやえぐみというものが挙げられます。

しかし、青汁にたくさんの野菜や果物を加えることで、こういった青汁のマイナスイメージは簡単に解消することができます。

「子供からお年寄りまでが毎日美味しく飲める」ということは非常に大切なことであるため、青汁の栄養価に関することはもちろんですが、「美味しさ」「飲みやすさ」に特化した商品が増えつつあることも事実です。

青汁に含まれている野菜や果物を全て食事から摂取することは難しいので、普段の食生活にプラスして青汁を取り入れていくことがおすすめです。



青汁は、商品によって味が異なる!原料に違いアリ

実は、青汁は商品によって全く味が異なります。
青汁の味や飲みやすさの違いというのは、青汁のベースとなる原料が関係しています。



青汁の主原料となる野菜は、ケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉などです。
実際に青汁を飲んだことがある人で、「飲みにくい」と感じたことがある人は、青汁の主原料がケールである可能性が高いことが考えられます。

まず1つ目に、ケールはクロロフィル(葉緑素)を多く含む野菜として知られています。

クロロフィルはコレステロール値を下げる、がんの予防、美容効果など、さまざまな効能が期待されている化学物質です。

また、ケールそのものは食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養価も高く、「緑黄色野菜の王様」と呼ばれており、便秘の解消、コレステロールの排出、抗酸化作用などといったことに作用すると言われています。
青汁の便秘解消効果についてはこちらも参考にどうぞ♪
青汁で便秘解消出来る?デトックス、腸内環境を整える効果?

栄養価が高いことは大きなメリットですが、ケールを青汁の主原料とすると、やはり人によっては飲みにくいかもしれません。
ケールについて詳しくはこちら青汁に含まれている「ケール」の栄養素、効果・効能は?美肌効果や便秘解消にもいい?

2つ目に、大麦若葉が主原料の青汁は、まろやかな口当たりで、飲みやすいことが特徴として挙げられます。

大麦若葉にはケールのような青臭さや苦みがないため、大麦若葉を青汁の主原料とするとサラッと飲み干せます。
貧血やコレステロール値を改善することを目的として青汁を飲むならば、大麦若葉が含まれている青汁を選ぶことがおすすめです。

また、大麦若葉には葉酸が非常に豊富に含まれています。
葉酸は胎児の成長に欠かせない成分として注目されており、妊娠中に摂取することがすすめられている栄養素です。
大麦若葉が含まれる青汁は、妊娠中の女性であっても安心して飲むことができます。

大麦若葉についてはこちら青汁の主原料の王様!「大麦若葉」の栄養成分と効果・効能、飲みやすさは?
葉酸についてはこちら青汁に含まれる「葉酸」の成分や効果!妊婦さんにもオススメ!妊娠中に必要な理由や推奨量は?へ。

3つ目に、明日葉や桑の葉は、野菜独特の青臭さがほとんどないことが特徴です。

青汁をジュースやお茶を飲むような感覚で飲みたいなら、明日葉や桑の葉が主原料のものを選ぶと良いでしょう。
こちらは野菜が苦手な人であっても、無理をせず続けることができるのではないでしょうか。

明日葉についてはこちら青汁に含まれている「明日葉」の栄養と期待できる効果は?カルコンやクマリンで生活習慣病予防?、桑の葉はこちら青汁に配合されている「桑の葉」の栄養と効果・効能とは?ギャバやポリフェノールでダイエット効果?でお話しています。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

青汁は原料によって味にも栄養素にも違いがあります。
そのため、自分に合った商品を選ぶことが毎日続けるポイントと言えるでしょう。

子供でも飲める、オススメの美味しい青汁は?

子供の野菜嫌いや野菜不足にはどのご家庭も工夫や苦労をしているようで、私がとった「子供の野菜不足に何か工夫をしていますか」というアンケートでは、ほぼ全ての人が「ある」と回答していました。

(このアンケートはこちら子供の野菜不足を何とかしたい!親がしている工夫とは?みんなどうしてる?アンケート調査でまとめています)
子供の成長に欠かせない野菜を、なんとか食べられるようにさまざまな努力をされていることがわかりますね。

最近は、お子さまの食事にプラスして青汁を飲ませるご家庭が増えつつあります。
青汁を子供が毎日喜んで飲むことを考えると、やはり

  • 美味しさ
  • 飲みやすさ

といったことは、非常に重要なポイントとなってきます。

前に紹介したように、青汁の原材料が大葉を使用したものであるとまろやかな口当たりとなるため、小さなお子さまでも飲みやすいと言えるでしょう。
ケールを主原料としたものは、独特の青臭さやえぐみ等があるため、お子さまによっては飲みにくいと感じてしまうかもしれません。

しかし、最近では商品開発によって、ケールを主原料としたものであっても、他の野菜や果物を加えることによって美味しく、さらに飲みやすく加工した商品も出回るようになりました。
お子さまがケールを主原料とした青汁を「美味しい」と感じ、毎日飲みたいと思うのであれば、ケールは栄養素が豊富な野菜であるので、毎日続けて飲むと良いでしょう。



しかし、多くのお子さまは、一度「飲みにくい」「美味しくない」と感じてしまうと、その後は全く口にしてくれなくなるといったことが考えられます。
お子さまが飲む青汁に関しては、最初に口にした時に、「美味しい」「また飲みたい」と思うような味であることが大切です。

やはり、青汁の主原料として大麦若葉や明日葉、桑の葉などを使用しているものは比較的飲みやすいといったメリットがあります。
これらを主原料とした青汁は、ドロドロとした口当たりではなく、サラッと飲みやすいことが特徴です。

さらに、他の野菜に加えて、りんごやみかんなどの果物が使われていると、フルーティーな味わいとなって美味しくいただけると考えられます。
青汁を飲みやすく、フルーティーに仕上げると、お子さまは青汁をお茶やジュースを飲むような感覚で、毎日喜んで飲んでくれることでしょう。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

その他に、粉末タイプの青汁をヨーグルトに混ぜたりするのもオススメです♪
このアレンジは私も大好きで気に入っています!

青汁のアレンジ方法についてはこちら子供にもオススメな青汁の飲み方は?アレンジ、料理など!へ。

青汁は続けることが大切♪心配な人は粉末タイプ以外が◎

青汁は、一度飲んだだけでは長期的な健康の維持は望めません。
青汁は、毎日続けて飲むことが大切です。

実は、市販されている青汁にはいくつかのタイプがあります。
現在、雑誌やテレビCMなどといったメディアで紹介されている青汁には、個包装になっている粉末タイプのものが多いといった特徴があります。
粉末タイプであると、水に溶けやすいといったことがメリットとして挙げられます。


さらに、粉末タイプの青汁はサラッとした口当たりで飲みやすく、水に溶かすだけなので気軽に続けやすいといったことも特徴です。
しかし、最近の粉末タイプの青汁も飲みやすくなっているとはいえ、完全に青汁の味がなくなったわけではないので、心配な人は粉末タイプ以外のものを選ぶ方がよいでしょう。

粉末タイプ以外の青汁の代表的なものとして、冷凍タイプやゼリー(ジュレ)タイプなどの青汁があります。
冷凍タイプの青汁は、青汁本来の味わいを好む方には特におすすめです。
こちらは冷凍庫で保存しておき、青汁を飲む数時間前に解凍しなければなりません。
解凍する手間はデメリットと言えるかもしれませんが、青汁の栄養価が高いことが最大のメリットです。

他に、個包装になっているジュレタイプの青汁は、おやつ感覚で食べることができるため、継続しやすいことが特徴です。
外出先でも気軽に、おやつ代わりとして食べることができます。
青汁のジュレはツルッとした食感で、非常に食べやすい商品です。

これらの青汁の中には、「飲みやすさ」ということに特化した商品もたくさんあります。
特に、小さなお子さまの場合は、「美味しい」「飲みやすい」ということは、青汁を継続して飲む上で重要なポイントとなります。

青汁の美味しさや栄養価、継続しやすいかどうかなどといったことを考えながら、自分に合った青汁を選ぶことが大切です。



すず助手 すず

教授、そういえば青汁の商品っていろんな原料が使われていますが、パクチーが使われている青汁ってありませんね!
「パクチー女子」がいるほど最近女子たちに人気なのに!



葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

あれはね…きっとパクチーの匂いのせいね。
すずちゃん、パクチーの匂いって『カメムシ』の匂い成分と同じって知ってた?

すず助手 すず

カカカカカカカ…カメムシ?!?!?!

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

この前テレビでやっていてね…
パクチー好きとして知られるEvery Little Thingの持田香織さんも唖然としていたわ。
確かにこれからは”パクチーの時代”なのかもしれないわね!
今日の試作実験ではカメム…違った、パクチーを青汁の原料として使ってみるから、すずちゃん、飲んでみて!!

すず助手 すず

(言わなきゃ良かったやつだ…!!!!)