青汁は野菜不足を補うイメージが強いですが、「酵素」が含まれている商品もあることを知っていますか?
酵素は生命活動で欠かせない物質で、不足すると代謝が悪くなったり、免疫力が低下したりしてしまうので積極的に摂りたいものなのです。

酵素が含まれた青汁を飲めば、野菜・酵素不足を一度にカバーすることができお手軽ですね。
そこで今回は酵素の働きからダイエットとの関連性、酵素が含まれる青汁商品まで一気にご紹介します。

酵素とは何か?潜在酵素と食物酵素などの種類と働き

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

それではまず、「酵素」とは一体何かについてからお話しましょう。
酵素は、体内で合成されるタンパク質の一種で、呼吸や代謝、食べ物の消化、運搬、排泄などといった生命活動を行ううえで必要不可欠な働きをする物質です。

体内酵素は、次の2種類に分けられます。

食べた物を消化して栄養に変換する「消化酵素」

消化・分解された栄養素を体の各細胞に送り、臓器を正常に作用させる「代謝酵素」


このように酵素は2つの働きがありますが、消化酵素と代謝酵素は元々はひとつの同じ酵素で、体内で合成される量は人によって上限数が決まっているため、その時々の体調や食生活によって量を調節しながら、相互に助け合いながら作用しています。

例えば、脂っこいものを多く食べたときやアルコールを大量に飲んだときなどは、食べ物を少しでも早く消化させるために、消化酵素の方が多く使われ、代謝酵素の数が少なくなります。

反対に風邪をひくなど体調が悪くなったときは、体が早く体調を回復させようと、代謝酵素が多く作られるので、消化酵素の数が少なくなり、脂っこいものを食べたくなくなるなど通常より食欲がなくなるのです。
そのため、暴飲暴食を続けていると代謝酵素が少なくなり、太りやすくなったり肌が荒れてしまったりしてしまいます。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

これをカバーできるのが、食物に含まれている「食物酵素」です。
食物酵素は、体の中に入ると消化酵素や代謝酵素を助ける働きがあり、身近な食べ物に含まれています。

体内酵素は合成される上限値があるほか、加齢によって数が減少してしまうため、食物酵素を上手く取り入れることがとても重要なのです。

酵素が含まれている食品とは?酵素は熱に弱い?

食物酵素が多く含まれている食べ物には、キャベツやセロリ、ニンジン、トマト、大根などの生野菜をはじめ、バナナやキウイ、パパイヤ、りんごなどの果物、味噌や納豆、キムチ、醤油、漬け物などの発酵食品が挙げられます。

酵素を多く含む食べ物を見ると、意外にも普段食卓に上がる機会の多い食材がたくさんあるので、「十分酵素を摂っているのでは?」と思ってしまうかもしれませんが、実は酵素には2つの弱点があるため、体内吸収が想像以上に低いのです。

  • まず1つ目の弱点は「熱」です。

酵素は約50度の熱を加えることで働きを停止してしまいます。
例えば、大根は煮物料理に使うことも多いですが、茹でる、煮るといった調理を施すことで、大根に含まれている「アミラーゼ」や「リパーゼ」、「プロテアーゼ」といった酵素は働かなくなってしまうのです。

  • 2つ目の弱点は「時間の経過」です。

「大根おろしはすりおろしてから時間が経つと栄養が減ってしまう」ということを聞いたことはないでしょうか。
大根に限らず、野菜や果物は包丁で切ったり、すりおろし器で下ろしたりすることが多いですが、このように言われる理由は、食材を切る、もしくはすりおろすことで断面から酵素が飛んでいってしまい、時間が経過するごとに酵素の数がどんどん減ってしまうからなのです。

「酵素をたくさん摂ろう」と意気込んで酵素を多く含む食材を揃えたとしても、調理方法や調理手順によっては、酵素がほとんど摂れないという事態になってしまう可能性もあります。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

酵素を効率よく摂るためには、調理を加えずに生の野菜や果物を取ること、そして発酵食品を多く含む和食を中心とした食生活を意識することが大切なのです。

ダイエットにも人気!酵素の美容効果が◎!

酵素には生命活動に関わる重要な働きがありますが、それだけでなく、ダイエットや便秘解消といった美容効果があると言われています。

  • 1.ダイエット効果

まずは男女ともに永遠のテーマと言えるダイエットについてです。
先ほど、暴飲暴食すると代謝酵素が減って太りやすくなるとお話しましたが、シーズンによっては仕事の付き合いで飲み会が続くなど、避けられないこともあります。

こういったときの対処法として食物酵素を積極的に摂ると、食物酵素が体内で消化酵素のサポートをするので、結果代謝酵素の数に余裕が生まれます。
エネルギーをうまく消費できると代謝が上がり、太りにくくなるのでダイエットに有効なのです。

以前、「食前キャベツダイエット」のように、食事の前に生野菜を食べるダイエットがブームとなりましたが、そういったダイエットは単に食欲を抑えるだけでなく、食前に酵素を多く含む食材を食べることで酵素を効率よく体内に吸収し、ダイエット効果をより高く発揮することができるのです。


  • 2.便秘解消効果

次は便秘解消効果についてです。
酵素の働きが不十分だと、食べ物が分解・消化されずに大腸まで運ばれ、悪玉菌の格好のエサとなります。
そして悪玉菌が増えると腸内環境が悪化して腸の運動が鈍くなり、便秘に繋がってしまいます。
便秘解消のために、酵素は大事な役割を担っているのです。

免疫力UPなど!酵素の健康への効果

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

酵素を積極的に摂ることで腸内環境を整えることができますが、その結果表れる効果は便秘解消やダイエットだけではありません。
大腸は体の免疫の大部分を司る重要な器官なので、腸内環境を整えることで免疫力のアップにも繋がるのです。

野菜や発酵食品を十分に摂らずに、脂っこい肉食に偏った欧米風の食事ばかり食べていると、消化酵素がどんどん消費されて酵素不足に陥り、先ほど説明したように腸内環境が悪化して便秘になる恐れがあります。

便秘になると大腸の働きが低下してしまうため、免疫力も落ちてしまうのです。
免疫力が低下してしまうと、疲れやすくなったり風邪をひきやすくなったりしてしまうような軽い症状から、肺炎やガンといった重大な病気にかかる恐れまであるので、そうならないためにも、酵素を摂って腸内環境を整え免疫力を上げることが大切なのです。


酵素が含まれている青汁商品一覧

これまでご紹介したように、酵素は生きるうえで欠かせない物質であり、同時にダイエットや健康面にも大きな効果が期待できるものです。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

体内酵素に上限があり、年々数が減ってしまうのであれば食べ物から積極的に摂りたいものですが、忙しい人にとって、毎日一定量の生野菜を摂るのは難しいかもしれません。
そういった方におススメなのが、酵素入り青汁です。

市販されている青汁には加熱処理をしているものがあるため、酵素を含む青汁を選ぶ際には、酵素が壊れないよう低温乾燥処理しているものや、植物由来の酵素エキスが入っているものがいいでしょう。

ここでは、酵素が含まれている青汁を3種類ご紹介します。

1つ目は、ケンプリアの「RICH gREEN」です。

加熱処理を全くせず、活性保存製法を用いて作られているので、活きた酵素をしっかり体内に届けることができます。また大麦若葉を生絞りで有用成分をたっぷり含んだエキスだけ抽出しているため、体への吸収性が非常に高いのも特徴です。

2つ目は、ホコニコの「こだわり酵素青汁」です。

原料は国産にこだわり、なんと139種類もの植物発酵エキスを取り入れています。
また大麦やあわなど7種類の穀物を麹菌で発酵させた多穀麹も原料なのですが、多穀麹は生酵素を含んでいるので、コップ1杯の青汁で野菜や果物の栄養はもちろん、酵素もふんだんに摂ることができます。

詳しくはこちら生酵素と青汁がすごい!【ホコニコのこだわり酵素青汁】 口コミと他の青汁との違い!へ。

3つ目は、オーガニックレーベルの「酵素青汁111選セサミンプラス」です。

抗酸化作用のあるポリフェノールを含むモリンガや、ケールなどの栄養満点素材に加え、酵素エキスが配合されているので、ビタミンCは通常の青汁52杯分、亜鉛66杯分、鉄分は13杯分もギュッと凝縮されています。
こちらはタブレットなので、「今までいろんな青汁を試したけれども、味がどうしても苦手…」という方におススメです。

詳しくはこちら美容・健康・ダイエットにオーガニックレーベルの「酵素青汁111選セサミンプラス」 口コミと効果はどう?へ。

すず助手 すず

酵素入り青汁は、効率よく健康と美容対策を一度にカバーできるので、忙しい現代人にはぴったりなんですね!
健康的な生活を送るためにも、ぜひ酵素入り青汁を試してみてください!