健康に良い青汁は、その苦味や臭いで飲みにくい健康飲料です。
栄養素が豊富なので、もし飲めるなら赤ちゃんや幼児にも飲ませたいものですが、子供が飲んでも大丈夫なのかわかりませんよね。
特に赤ちゃんは飲食させて良いものと悪いものがあるので、神経質になってしまいます。

もし青汁が子供が飲んでも大丈夫なら栄養補給に役立つ食品になります。
子供が飲んでも安全かどうかについてご紹介しましょう。

青汁は子供に飲ませていいの?何歳から大丈夫?

青汁は健康食品で特に摂取するときの年齢制限は定められていません。

そのため、小さな子供でも飲む事はできます。
青汁は緑葉野菜を絞った汁をいい、自然のものを使用しているので大きな危険性はありません。
材料もケールなど栄養素が豊富に含まれる青野菜が主原料として使用されているのが特徴で、苦味や臭さが気になる飲み物として有名でしょう。


ケールについてはこちら青汁に含まれている「ケール」の栄養素、効果・効能は?美肌効果や便秘解消にもいい?

しかし、その栄養素は高く多くのミネラルやビタミンを摂取することができます。
赤ちゃんや幼児は離乳食が始まると食事のバランスが崩れてしまうこともしばしばあり、できれば不足な栄養素を補える青汁を飲んでくれると助かると考える方も少なくないはずです。

すず助手 すず

大人だけではなく、子供でも青汁は飲んでいいんですね!
では、具体的に何歳から青汁を飲んで良いのかな?

青汁は緑葉野菜を絞っている食品で、まだ消化器官が整っていない子供の場合、お腹を下したりする可能性があります。
また、3カ月未満の赤ちゃんは青汁に含まれる硝酸塩で酸欠に陥る可能性もあります。
基本的に1歳未満の子供に摂取させるのは控えたほうが良いでしょう。

また、1歳を超えた子供でも大人ほど上手に消化ができない可能性があるので、摂取量を控えめにして様子を見ながら飲ませていくのが良いとされています。



また、青汁の中には飲みやすくする観点からもハチミツが使用されている商品があります。
ハチミツは赤ちゃんが接種すると乳児ボツリヌス症を発生する可能性があり、とても危険です。
ハチミツは、厚生労働省の離乳食の資料によると満1歳までは食べさせないようにと記載されています。

ハチミツなど赤ちゃんが食べてはいけない成分が入っていない場合は少しなめさせたり、ヨーグルトなどに混ぜたて食べさせたりする程度にして、本格的に栄養補給として摂取させるのは1歳以降と覚えておきましょう。

子供が青汁を飲むことで、こんなに嬉しい効果が♪

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

私が、子供をもつ家庭に「子供の野菜不足で何か工夫しているか」というアンケートをとったところ、全体の94%が「ある」と回答しました。
ほぼ全ての家庭で、野菜不足の解消のために努力をしていることがわかりますね。


このアンケートについてはこちら子供の野菜不足を何とかしたい!親がしている工夫とは?みんなどうしてる?アンケート調査

そうにも関わらず、子供が野菜嫌いだと56%の人が回答しているため、やはり子供の野菜不足・野菜嫌いは永遠のテーマと言えそうですね。

このアンケートについてはこちらうちだけじゃない!?子供の野菜嫌いに悩む人の数をアンケートで徹底調査!

健康に良いとされる青汁は、子供の栄養不足を補ってくれます。
子供に限らず、日本人は1日に必要な野菜量を摂取しきれている人は少ないです。
野菜を摂取すると、健康や成長に欠かせないビタミンなどの栄養素をたくさん摂取することができます。

例えば、子供の成長で基礎となる骨や歯を形成するにはカルシウムが必要です。
青汁はカルシウムが豊富に含まれるケールやモロヘイヤなどが使用されているので、青汁が飲めれば牛乳が嫌いであったり飲めなかったりする子供でも、しっかりとカルシウムを補えることができます。

青汁は野菜から作られた飲み物なので、食物繊維も多様に含まれています。
食物繊維は腸内環境を整えてくれます。
腸内環境の改善は免疫機能を高め、栄養吸収を助ける効果が期待できます。
ビタミンCは骨や血管、筋肉、皮膚を丈夫にしてくれ、健康維持をサポートしてくれます。

食物繊維の効果についてはこちら食物繊維とは?青汁に含まれている食物繊維の種類や、便秘解消&ダイエット効果など!へ。

よく遊ぶ子供にとって、ビタミンB1も大切な栄養素です。
ビタミンB1には疲労回復の作用があります。ビタミンAには目の疲労予防作用があり、夜間の視力向上を助けてくれます。
ビタミンB12は神経機能を正常に保ってくれます。
どのビタミンも野菜に多く含まれる栄養素ですが、多くの野菜を食事に取り入れて毎日食べるのは難しいでしょう。

青汁は1杯でも十分に高い栄養素を含んでいるので、野菜摂取不足をサポートしてくれるのです。


葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

青汁は薬とは違うので、特に摂取する時間などは決められていません。
食事のときや、おやつに合わせるなど好きな時に飲むことができるのも青汁のメリットでしょう。


子供が青汁を飲むときの摂取量はどれくらい?

健康や成長の助けになる青汁ですが、子供に飲ませるときの摂取量などに制限はあるのでしょうか。
各メーカーが出している青汁は基本的に子供と大人の摂取量に目安をつけてはいません。

しかし、過度な栄養摂取はお腹を緩くする可能性もあります。
一日の野菜摂取量は大人(15歳以上)で350g、1歳から2歳で120g、3歳から5歳で150g、6歳から8歳で210g、9歳から14歳で300gと言われています。

青汁を飲むときも年齢に合わせて量を減らすことで、安心して栄養を取り込むことができるでしょう。
それぞれの野菜摂取量を大人と比べた場合、1歳から2歳は約35%、3歳から5歳は約43%、6歳から8歳は60%、9歳から14歳は約86%の比率になります。


また、過度な栄養を一度に摂取しても、すべての栄養が身体に取り込まれるわけではありませんので、子供の年齢に合わせた量を飲ませるのが効率良く青汁の栄養を摂取することにつながるでしょう。
飲ませる量の上限も、製品に記載されている1日の摂取目安量以内に収めるようにしましょう。

飲ませるタイミングも決まりはありませんが、吸収効率を上げたい場合は食事と一緒に飲ませると良いでしょう。
青汁は液体なので、青汁だけ飲むと排出のスピードが速まってしまいます。

食事と一緒に摂ることで、胃や腸にとどまっている時間が増えて、吸収する効率を上げることができます。
特に朝は栄養が身体の中に少なくなっている状態なので、より栄養を吸収してくれると期待できます。

子供に青汁を飲ませる時の注意点

青汁を子供に飲ませるときはいくつか注意をする必要があります。

まず、青汁に含まれている材料やアレルギー表示をしっかりと確認することが大切です。

青汁は各メーカーが飲みやすさを追求した結果、さまざまな野菜やフルーツ、穀物をブレンドしています。
そのため、子供にアレルギーがある方は購入するときにアレルギー表示をしっかりと確認してから購入する必要があります。

アレルギーにかかわらず、先に記載した飲ませる年齢も注意が必要です。
青汁を飲みやすくするために、1歳未満の摂取を控えなければいけないハチミツを使用している場合もあります。

青汁の味をよくするために緑茶や抹茶を入れている青汁もあります。
緑茶や抹茶にはカフェインが含まれており、交感神経を刺激してしまい興奮状態を引き起こします。

交感神経を刺激されると、眠くなりにくくなるので睡眠サイクルを乱してしまいます。
睡眠が妨げられると成長ホルモンの分泌が阻害される可能性があるので、子供に青汁を飲ませるときはカフェインレスのものを選ぶのが良いでしょう。


青汁の中に含まれるミネラルの吸収を促すツイントースという成分が含まれているものも販売されています。
ツイントースは3歳未満の子供に摂取させた場合、お腹が緩くなる可能性があるのです。
体質にもよりますが、子供の身体を考えるとツイントースは含まれていない方が良いでしょう。

子供にオススメな青汁一覧

子供に青汁を飲ませたくても、その苦味や臭みのせいでどう飲ませればいいかわからないという人も少なくありません。
青汁の認知度が高まり、各メーカーは栄養価がより高く飲みやすい製品を開発してきました。

そして子供向けに作られた製品も多数販売されています。
子供が好きなフルーツであるバナナやりんご、また黒糖などを使用して子供でも飲みやすい青汁があります。
味にこだわらなければ、健康面を考えた青野菜のみで作られた青汁を選ぶのも良いでしょう。

安全な原料が使用されている青汁を使用して、摂取の方法に工夫をすることで子供でも青汁を摂取しやすくなります。
工夫の方法として、牛乳やヨーグルトに混ぜる方法やホットケーキなどデザートと一緒に食べるのがおすすめです。
安全面を考えながら青汁を子供と飲んで、不足した栄養素を補給しましょう。

子供も飲みやすい青汁のアレンジはこちら子供にもオススメな青汁の飲み方は?アレンジ、料理など!



すず助手 すず

野菜の味が苦手な子供でも、デザート感覚で青汁を摂れるのはいいですね!
午後のおやつに、ただのホットケーキを食べたりするのよりも健康的な感じがします!
青汁×ホットケーキ!!これなら罪悪感ナシにホットケーキがパクパクいけちゃいます~!!

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

すずちゃん、あなたは青汁×青汁×青汁くらいの青汁を作っておいてあげるわね。
青汁というジャンルを超越した一杯が出来そうよ!