仕事の付き合いや友達との交際、冠婚葬祭の場などでお酒を楽しんだ後に悩まされるのが二日酔いです。
二日酔いになると、頭痛や吐き気、疲労感、脱水などといった症状で辛い時間を過ごさなければいけなくなります。

そこで、自宅で気軽に飲むことができる青汁によって期待できる二日酔いへの予防と改善策についてご紹介します。

二日酔いになる原因とメカニズム!「アセトアルデヒド」とは?

二日酔いは、毒性をもったアセトアルデヒドという有害物質によるものです。
飲酒をすることでアルコールが体内に入ると、アルコール成分が胃や腸で吸収され、血液中に溶け込み、血流にのって全身へと運ばれていきます。

そして肝臓へ運ばれたアルコール成分はアルコール脱水素酵素によりアセトアルデヒドに分解されるのです。
さらに分解されたアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素の助けによって酢酸に分解されます。

しかし、この段階でアセトアルデヒドをすべて酢酸に分解することが出来ない場合もあるのです。
人はそれぞれ異なった、アセトアルデヒドへの分解能力を持っていて、自分の分解能力の範囲を超えたアルコールを摂取してしまうことにより、体内に分解しきれなかったアセトアルデヒドが残ってしまいます。
この体内に残されたアセトアルデヒドが二日酔いの原因となるのです。


アルコールが分解されていく過程では体内の大量の水分を使用します。
これにより頭蓋骨の隙間にある脳髄液という脳を守る液体が減少して脳に圧力がかかりやすくなり頭痛や吐き気を感じたり、一時的に体が脱水症状のような状態になって過度にのどの渇きを感じたりするのです。



頭痛の原因は血液に溶け込んだアルコールにより頭の血管が拡張することによる場合もあります。

また、胃に吸収されたアルコールが胃の内部に刺激を与え、胃酸を過度に分泌させて胃の内膜に炎症を生じさせ、吐き気の原因を作ることもあります。

さらにアルコール成分が胃の働きを鈍くさせて胃に入る食べ物を十分に消化させることが出来ないために生じる吐き気もあります。
二日酔いにはアセトアルデヒドが生じさせるさまざまな原因があり、それによって生じるさまざまな症状があるのです。

青汁の成分がアルコールやアセトアルデヒドの分解を助ける!

アルコールを十分に分解しきれず、アセトアルデヒドが体内に残ることで生じる二日酔いへの対策には、アルコールやアセトアルデヒドの分解を助ける青汁を飲むことが有効となる場合があります。
青汁に含まれている成分は、二日酔いを予防したり、改善させたりすることに期待が持てる効果を持っているからです。


たとえば、キャベツの一種であるケールにはβカロチンのほか、葉酸、鉄分、食物繊維、カルシウム、ルテイン、スルフォラファン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンUなど多彩な成分が含まれています。
中でもビタミンUは胃腸薬にも使用されている成分で、胃酸の分泌を抑え、胃を丈夫にする働きを持っているため、二日酔い予防への効果が期待できる成分です。

ケールについて詳しくはこちら青汁に含まれている「ケール」の栄養素、効果・効能は?美肌効果や便秘解消にもいい?へ。

また、スルフォラファンは肝機能を高める成分であるため、弱った肝臓の機能を回復させ、アルコールやアセトアルデヒドの分解を助けてくれる効果に期待が持てます。

分解を助ける働きを持つ栄養成分には青汁に多く含まれているビタミン成分のうち、特にビタミンB群やビタミンCに強く見られます。
たとえば、ビタミンB群の一つであるナイアシンや、ビタミンCは青汁に使用されるケールや明日葉のほか、モロヘイヤやブロッコリーにも多く含まれているため、二日酔いの予防手段となる場合があるのです。

明日葉についてはこちらhttp://www.aoziru-midori.com/aojiru_asitabaへ。

二日酔いの予防や改善にピッタリな青汁一覧

二日酔いを予防するためには、アルコールやアセトアルデヒドの分解を助ける成分が豊富に含まれている青汁が有効的です。

・サンスター株式会社「健康道場粉末青汁」
野菜5種類を使用して作られた青汁で、大麦若葉のほか、ビタミンCが豊富に含まれたモロヘイヤやブロッコリー、ケール、明日葉が使用されているため、二日酔い対策への効果が期待できる商品です。全ての野菜は国産品を使用していて、甘味料や香料、保存料などの添加物も一切含まれていないため、安心して飲むことが可能となっています。マイクロパウダー製法による粉末タイプであるため、好きな飲み物や料理にも溶かしやすく、口にするものに混ぜることで二日酔い後でも気軽に摂取することもできる点も魅力です。

・株式会社ファンケル「本絞り青汁プレミアム」
アルコールやアセトアルデヒドの分解を助け、肝機能を回復させるスルフォラファンを含んだケールを原材料とし、豊富に使用した青汁です。1杯飲むことで1日分の緑黄色野菜の目標摂取量を補えるため、毎日飲むことで日々の野菜不足を補うことにもつながります。一般的に明日葉と比べるとケールの方がビタミンCを豊富に含んでいるとされていて、「本絞り青汁プレミアム」ではみかん5個分のビタミンCの含有量があるため効率的に二日酔い対策を取ることが可能となるのです。

・株式会社エヌ・アイ・エス「十菜青汁」
胃腸薬にも使用されているビタミンUが含まれたパセリや、アルコールやアセトアルデヒドの分解を助けるビタミンが豊富に含まれたブロッコリーなど、全部で10種類の野菜から作った青汁です。ビタミンやミネラルなど豊富な栄養素を一度に摂取することが可能となっています。青汁特有の苦みによる飲みにくさを抑えた抹茶風味であるため、毎日の生活に取り入れやすくなっている点も魅力です。

二日酔いの予防にオススメな青汁を飲むタイミングと飲み方

二日酔いの症状をできる限り生じさせないようにするためには、お酒を飲む前には必ず食べ物を胃に入れておくことや水分を十分に摂取しながらアルコールを飲むことなどが基本となります。

さらに青汁を飲むことで二日酔いの予防をするためには、飲むタイミングと飲み方のポイントをつかんでおくことが大切です。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

青汁を飲む理想的なタイミングは、アルコールを摂取する時間の2時間から3時間前です。
アルコールを摂取する2時間から3時間前に青汁を飲んでおくことで、アルコールを飲む時間と青汁が体に吸収される時間が重なります。

青汁に含まれる桑の葉にはアルコールを吸収する働きを抑えるフラボノイドという成分が含まれています。
飲酒したときに青汁が体にしっかりと取り込まれていればアルコールを吸収すること自体を避けることが可能となり二日酔い予防となるのです。

また、多くの青汁にはビタミンUの成分を持ったケールやキャベツ、ブロッコリーなどが含まれています。
ビタミンUは胃の内部の壁を守り、丈夫な胃にする働きを持っています。
このため、事前に青汁を飲んでおくことで、アルコールによる刺激から胃壁を守ることが可能となるのです。

また、青汁は牛乳で割って飲むことにより、さらなる高い効果が期待できるようになります。
牛乳には胃に膜を作る働きがあるため、青汁の効果に重ねて胃壁を保護することが可能となるのです。

二日酔いの改善に効果的な青汁の飲み方とタイミング

すず助手 すず

ということは、二日酔いになった後の私はもう手遅れってことですか?!

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

もちろん、二日酔いにならないためには事前に青汁を飲むという予防の対策をとっておくことがベストだけど、二日酔いの症状が出てしまった後でも青汁は効果を発揮してくれると思うわ。

青汁に含まれている栄養成分にはアルコールやアセトアルデヒドの分解を助ける働きがあります。

このため、二日酔いの症状が出てしまい、アルコール成分が体に回ってしまった後に青汁を飲むことで体内にあるアルコールを分解し、改善へと導いてくれることがあるのです。

また、青汁に含まれるビタミンUは胃壁を守る働きを持つと同時に、弱まった胃壁を修復する役割も持っています。
このため、二日酔いで胃がもたれたり、胃痛を感じたり、食欲不振の症状が出ている場合には改善へのサポートとなる場合があるのです。

二日酔いになった後に青汁を飲む場合には、アルコールの分解を助ける良質なたんぱく質と一緒に摂取すると効果的です。
良質なたんぱく質は豆乳で摂取することができます。
青汁を混ぜた豆乳とビタミンが豊富な果物を一緒にミキサーにかけて飲むと効率よく、おいしく飲むことが可能です。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

また、二日酔いにより脱水症状のような状態となっている場合にはスポーツドリンクに青汁を混ぜて飲むという方法も良いでしょう。
タイミングとしては二日酔いの原因となった飲酒日明けの朝の目覚め後一番に飲むと効果的です。

二日酔いの朝は胃もたれで食欲がない場合も少なくありません。
しかし、ドリンクとしてなら水分や栄養を取りやすいものです。

このため青汁を、体調不良を改善させるサポートとしての手段とすることが可能となります。
お酒を飲んだ際に二日酔いの症状をできる限り抑えるためには、バランスの良い食生活と青汁で日頃から体調を整えておくことが大切です。

お酒を飲む機会があった場合には、青汁に含まれているさまざまな成分の働きを活かして、効果的なタイミングと方法で二日酔いの予防や改善策をしっかりと取るようにしましょう。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

青汁を飲む以外の二日酔いの症状の治し方のポイントはこちらです♪