ホルモンバランスを意識した生活と聞いて、あまりピンとこない人も多いのではないでしょうか。
確かに、普通に生活しているうえで、ホルモンバランスを気にするなんてことはあまりありません。

しかし、実はこのホルモンバランス、健康とかなり密接な関係にあります。
特に不規則な生活習慣を続けているとホルモンバランスを崩しやすく、健康的な生活のためには何より生活習慣を正すということが大切です。

ホルモンバランスとは?ホルモンバランスが乱れる原因は?

ホルモンは特に女性にとって身体にさまざまな作用を与える成分です。
とりわけ女性ホルモンは、女性の身体の変化と密接な関係にあります。
妊娠や出産などを経験する女性は、もともと2種類の女性ホルモンを備えています。

一つはエストロゲン、もう一つはプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンです。

この2種類の女性ホルモンが分泌されることで、女性はより女性らしい身体を維持することができ、妊娠や出産に適した身体を自然に形成しているのです。


しかし、この2種類の女性ホルモンがピークを迎えるのが、だいたい25歳から35歳くらいだと言われています。
この年齢を過ぎると、女性ホルモンはだんだん分泌されなくなり、いわゆる閉経の準備を始めるとされているのです。

しかし、女性ホルモンの減少は、こうした加齢だけが原因ではありません。
過度なストレスや生活習慣の乱れ、また睡眠不足や無理なダイエットなどをしていても、女性ホルモンは分泌されなくなってしまうと言われているのです。

このように、本来分泌されるべきホルモンが分泌されなくなってしまうことをホルモンバランスが乱れると表現します。
もちろん、加齢によって女性ホルモンの分泌は年々減少していく傾向にあることは事実です。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

しかし、女性が女性らしく生活するために、女性ホルモンはなくてはならない成分でもあります。
だからこそ、日常から生活習慣を正し、健康的な生活を送ることが、女性がいつまでも女性らしくあるために必要なことです。

ホルモンバランスが乱れるとどんなことが起きる?更年期障害など

ホルモンバランスが乱れてしまうとどのようなことが起きてしまうのでしょうか。
そもそも女性ホルモンは女性の生活に欠かせない物質ですから、これが乱れればさまざまな不調が身体に起こるということは容易に想像ができることです。

たとえば、生理不順や生理痛などの肉体的な不調から、何となくイライラする、気分が晴れないなどの精神的な不調まで、ホルモンバランスの乱れはさまざまな不調の原因になっていることがあります。

こうしたホルモンバランスの乱れによる身体の不調の中でも、特に良く知られているのが更年期障害です。



女性の更年期は特に40代から50代くらいの年齢にあたります。
更年期とは、加齢による女性ホルモンの減少によって、体調を崩しやすくなる時期のことです。

特に更年期には、女性らしい身体を形成するためのエストロゲンというホルモンが著しく減少します。
そのため、美容の面で、乾燥やシミ、髪のハリツヤの減少などのいろいろな問題が生じやすくなります。

また、動機やめまい、冷え性、肩こり、頭痛など、自律神経失調症と似た症状も発生しやすくなります。
これらの症状は、女性ホルモンが減少するという身体の急激な変化に対する反動のようなものと捉えることができます。

もちろん、更年期障害に限らず、生活習慣の乱れや睡眠不足を続けていると、若い人でもホルモンバランスを乱しやすくなります。
すると、更年期障害と似た症状を発生させることがあり、肌荒れや頭痛などの症状から、場合によっては不妊症を引き起こすこともあるため、特に注意が必要なのです。


ホルモンバランスを整えるには?どんなことに気をつける?

女性の場合、加齢によってホルモンバランスが少なからず乱れるのは致し方ない部分もあります。

しかし、ホルモンバランスをきちんと整えることは決して意味のないことではありません。
普段からホルモンバランスの整った生活をしていれば、いざ更年期を迎えても体調の不良を軽減したり、楽に過ごしたりすることもできるでしょう。

そのための取り組みは必ずしも難しいものというわけではなく、日常生活の中でちょっと取り入れれば良いものばかりです。
たとえば、規則正しい生活習慣です。
生活習慣の乱れはホルモンバランスの乱れでもあります。

普段から運動する習慣を身につけたり、ストレスをためないように発散方法を自分の中で確立してみたり、普段の心がけで実践できることからまずは始めてみると良いでしょう。



特にホルモンバランスを整える上で気をつけたいのが、食生活と睡眠習慣です。

食生活ではホルモンバランスを整えやすい栄養素を積極的に摂取してみてください。
たんぱく質やビタミンE、亜鉛、カルシウムやマグネシウムなどがホルモンバランスを整えるのに良いとされる栄養素です。

睡眠に関しては、質の良い睡眠をしっかり確保することが大切です。
人間の身体は睡眠中にホルモンの分泌を行っています。
そのため、睡眠不足が続くとホルモンバランスも乱れてしまいます。
食生活や睡眠習慣に気をつけて、ホルモンバランスの整った生活をしてみましょう。


青汁に含まれる栄養素が、ホルモンバランスを整えるのに○!

栄養バランスの整った食生活は、ホルモンバランスを整えることにもつながりますが、日々の忙しい生活の中でバランスの良い食事を摂ることは簡単なことではありません。

そこでオススメしたいのが、ホルモンバランスを整えるための成分がたくさん含まれている青汁です。

青汁の原料となる大麦若葉や明日葉、ケールなどといった野菜には、ビタミンやカルシウム、マグネシウムなど、ホルモンバランスを整えるのに効果的な栄養素を豊富に含んでいます。

ちなみに、大麦若葉についてはこちら青汁の主原料の王様!「大麦若葉」の栄養成分と効果・効能、飲みやすさは?、明日葉についてはこちら青汁に含まれている「明日葉」の栄養と期待できる効果は?カルコンやクマリンで生活習慣病予防?、ケールについてはこちら青汁に含まれている「ケール」の栄養素、効果・効能は?美肌効果や便秘解消にもいい?へ。


ビタミンEやビタミンB6には、血行を促進してホルモンバランスを整える効果や、女性ホルモンの働きを助ける働きがあると言われています。

また、カルシウムやマグネシウムにもホルモンの分泌機能を維持する効果などがあると言われ、こうした栄養素が凝縮されているのが青汁なのです。
青汁には、他にも強力な抗酸化作用を持つβカロチンや、活性酸素を除去してくれる働きを持つSOD酵素、ポリフェノールの一種で脂肪の燃焼などに効果のあるカルコンなど、健康に寄与してくれる成分が豊富に含まれています。

特に更年期障害に悩んでいるなら、βカロチンやSOD酵素の抗酸化作用は、不快な症状の改善に大きく貢献してくれるはずです。
更年期による精神的な不快感は、ホルモンバランスが乱れることで脳が興奮状態になることで発生します。
抗酸化作用はこうした脳の興奮状態を抑えてくれる効果も期待できるのです。



ホルモンバランスを整えるための青汁選びでオススメの商品

ホルモンバランスを整えるという意味でオススメの青汁といえば、やはりカルシウムやマグネシウムが豊富に含まれている商品でしょう。
大麦若葉や明日葉、ケール、それから桑の葉など、こうした原料が使われている青汁がオススメです。

カルシウムやマグネシウムは日々の食生活ではなかなか効率的に摂取できない栄養素でもあります。
青汁なら一日一杯飲むだけでも、必要なカルシウムとマグネシウムを摂取することができるので、ホルモンバランスを整えるのにも最適です。

また、こうした栄養素に加えて、イソフラボンが含まれている青汁もオススメです。
イソフラボンは女性ホルモンと似た構造をしているため、摂取すると体内で女性ホルモンの活動を促してくれます。
ホルモンバランスを整えるのにもイソフラボンは良い栄養素なので、カルシウムやマグネシウムだけでなく、イソフラボンも配合されている青汁を選んでみても良いでしょう。

ただ、もちろん青汁を飲んでいるだけで、ホルモンバランスが整うというわけではありません。
ホルモンバランスを整えるためには、何度も言うように、生活習慣を規則正しくすることが何よりも大切です。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

ホルモンバランスが整えば、身体のさまざまな不調の改善にもつながります。
そのためにも、生活習慣を見直した上で、ぜひ生活に青汁を取り入れてみてください。