女性に多く見られる症状の一つとされる便秘ですが、子どもから高齢の方まで、また、男性の中にも日々の便秘症状に悩んでいる人は少なくないことでしょう。

便秘の改善策にはさまざまな方法がありますが、毎日の生活の中で無理なく改善を目指せる方法として青汁の摂取という方法があります。
そこで、青汁が便秘に効果的と言われている理由と、便秘の改善におすすめの青汁商品をご紹介します。

ビフィズス菌とは?乳酸菌との違いは?

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

便秘対策というと、ヨーグルトなどに含まれているビフィズス菌や乳酸菌を思い浮かべる人もいることでしょう。
ビフィズス菌も乳酸菌も、ともに腸内環境を整える働きを持っている善玉菌です。

ビフィズス菌は人間や動物の腸の中にある菌で、酸素のある場所では生きていくことができない「偏性嫌気性菌」と呼ばれています。
生物学による分類上ではビフィドバクテリウム菌に属し、乳酸と酢酸を作る働きを持つ菌です。
乳酸菌とは異なり、ビタミンB群や葉酸を作る働きもあります。

一方、乳酸菌は人間や動物の腸以外の身体にも存在し、人間や動物以外の発酵食品にも生育している「通性嫌気性菌」です。
生物学による分類上ではラクトバチルス属やラクトコッカス属、ストレプトコッカス属、エンテロコッカス属などのさまざまな菌の種類に属しています。乳酸菌はビフィズス菌とは異なり、乳酸のみを作りだす菌です。

糖の一種であるグルコースを分解して作った代謝物の半分以上が乳酸である場合に乳酸菌と呼ばれます。
ビフィズス菌も乳酸菌も腸内に多くの菌が生息していますが、ビフィズス菌の数は乳酸菌の数のおよそ100倍から1万倍もの数と言われていて、通常、腸内の善玉菌の99.9パーセント以上を占めているのです。

ビフィズス菌にはどんな効果がある?

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

ビフィズス菌が生成するものの一つが酢酸で、生成された酢酸は強い殺菌力を持っています。
このため、殺菌作用で病原菌を死滅させたり、悪玉菌が増えるのを抑えたりして、腸内環境を改善させる効果があると言われているのです。

また、酸が生成されることにより、腸に刺激を与えてぜんどう運動を活発化させる効果もあると言われています。
ぜんどう運動が活発に行われることは便通を促し、便秘解消を期待することも可能となるのです。

青汁の便秘解消効果についてはこちら♪
青汁で便秘解消出来る?デトックス、腸内環境を整える効果?

悪玉菌は体の免疫力を衰えさせる作用もあります。
免疫力が下がると、風邪や胃腸炎といった病気が発症しやすくなったり、花粉症やアトピーの症状が出やすくなったりします。
ビフィズス菌により悪玉菌の増殖を抑えることで免疫力の低下を防ぐことができれば病気になりやすい体の状態を改善することも可能となるのです。

青汁の免疫力UP効果についてはこちら、アレルギー改善についてはこちら青汁はアトピー性皮膚炎、花粉症などアレルギーなどにいい?体質改善効果?も参考になると思います。

さらに、ビフィズス菌には血中コレステロール値を抑制させる効果もあります。
このため、コレステロールの数値が高いと発症のリスクが高まるとされている動脈硬化の予防にもつながるのです。

また、ビタミンB群やビタミンKの合成を促す役割を持っている点もビフィズス菌の特徴です。
ビタミンB群は粘膜や皮膚を健康的に維持する役割をもっていて美肌効果もあると言われています。


一方ビタミンKは血液の凝固作用を持ち、止血作用がある成分です。
このため、出血性の疾患を持っている人には改善への期待が持てる菌と言われているのです。

腸内環境が悪化するとどうなる?

腸内環境を悪化させる細菌が悪玉菌です。
悪玉菌が増えると腸内にアンモニアなどの有害物質が発生します。
これにより便から臭いが発生し体臭が強くなったり、おならが出やすくなったりするのです。

また、悪玉菌により発生する有害物質は腸をアルカリ性にしてしまう作用があります。
腸内環境の良い状態の場合、腸の中は酸性となっています。
酸性の腸は刺激を受けることでぜんどう運動が促され、便通が良くなるのです。

しかし腸がアルカリ性になると刺激が少なくなるため、ぜんどう運動が衰えてしまいます。
ぜんどう運動が衰えることで食べ物が長く腸に留まり、その間に水分が吸い取られ便秘が起こりやすくなるのです。


悪玉菌は腸の内部の壁となる細胞を傷める原因菌です。
大量の悪玉菌により長く傷めつけられることで内臓の機能が低下してしまうというリスクが生じます。

通常、口から入った食べ物は胃でかくはんされて十二指腸を通り小腸で栄養が吸収され、さらに大腸でビタミンや水分などが摂取されます。
しかし内臓の役割が十分に機能せず、食べ物が大腸へ到達し、大腸の壁にくっついてしまうと大腸で水分を吸収することができなくなります。

そして、水分を吸い取られないまま腸から排せつされてしまうと下痢という症状が起きてしまうのです。

また、腸内で発生した有毒物質は血液に吸収され全身へ送られます。
全身に送られた有毒物質は皮膚の毛穴から外へ出ようとします。
この際に、有毒物質が皮膚細胞に刺激を与えるとニキビなどの肌荒れが生じるといった悪影響が生じることもあるのです。

その他にも内臓の機能が低下することにより、免疫力が低下し、さまざまな病気を引き起こすリスクも高まると言われています。


青汁+ビフィズス菌で腸内環境◎!

健康な腸を維持するためにはビフィズス菌を欠かすことはできません。
しかし、ビフィズス菌は加齢や食生活の乱れ、ストレスなどにより減少してしまう菌です。
一度摂取することで永久に体内に保たれるものではありません。

ビフィズス菌は一般的に乳酸飲料やヨーグルトに含まれていると言われています。
しかし、ヨーグルトのすべてにビフィズス菌が含まれているわけではありません。

一般的なヨーグルトでも腸内を整える作用はありますが、腸内環境の改善のために摂取することを考えている場合には、より高い整腸効果をもたらすことが期待できるビフィズス菌入りのものを選ぶことが大切です。

中には生きたビフィズス菌を表す「プロバイオティクス」と表記されている商品もあります。
さらにビフィズス菌による整腸効果を高めたい場合には、善玉菌の増殖を促すオリゴ糖や食物繊維とともに摂取すると良いでしょう。

しかし、日々の生活の中で常に整腸効果を促す食品を考えて一緒に摂取することは簡単なことではありません。

そのような場合には、青汁を生活に取り入れると便利です。
できる限りのバランスの良い食事を心がけ、不足する部分は青汁で補います。

青汁にはビタミンCや食物繊維が含まれているため、腸内環境を良くするためには効果的です。
ビタミンCは善玉菌を増やし、腸内をきれいにする効果があるからです。


また食物繊維は善玉菌を増やすほか、便のカサを増やして大腸のぜんどう運動を促し便通を良くする働きを持っています。

健康な腸を維持するために大切なことはビフィズス菌と腸内環境改善を促す栄養分の継続的な摂取です。
毎日気軽に飲める青汁とビフィズス菌により無理のない方法で腸内環境の改善に努めると良いでしょう。

ビフィズス菌が含まれている青汁一覧

マグナス株式会社の「すっきりビフィズス菌青汁」

食物繊維やビタミン、ミネラルを含む大麦若葉やケール、明日葉が配合され、宇治抹茶味により飲みやすく作られた青汁です。
全て国産の原料で作られているため安心して摂取することができます。

「すっきりビフィズス菌青汁」には生きて腸まで届くビフィズス菌が含まれているため、一般的な青汁に比べて腸内環境の改善に高い効果が期待できる点が魅力です。
1袋にはビフィズス菌が20億個入っているほか、食物繊維、葉酸、鉄分、カリウムといった毎日の食生活で不足する栄養分を補うさまざまな成分も含まれています。

薬日本道株式会社の「青大豆と乳酸菌のすっきり青汁」

漢方専門店により東洋健康思想をベースに作られ、桑の葉やクマ笹、明日葉、霊芝といった和漢素材が配合されています。
青汁の原料として多く見られるケールや大麦若葉のほか、ビタミンEや大豆オリゴ糖が豊富に含まれた青大豆、ビタミンや食物繊維が豊富な長命草と呼ばれるボタンボウフウといった素材が原料となっている青汁です。

茶葉を粉末にして栄養素も丸ごと取り入れた抹茶も含まれているため飲みやすくなっています。
1包には13億個のビフィズス菌と120億個の乳酸菌が配合されているため、腸内環境の改善に高い期待が持てる青汁です。

日田天領水の里株式会社の「里の青汁ビフィズス菌入り」

生きたまま腸まで届くビフィズス菌BB536が含まれた青汁で、1袋には50億個のビフィズス菌が配合されています。
ビフィズス菌BB536は一般的なビフィズス菌よりも酸が強く、悪玉菌の増殖を抑える力があります。
ほんのりとした甘みがあるため子どもでも飲みやすいという点も「里の青汁」の魅力です。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれているケールや、スタミナが付くゴーヤ、食物繊維が多い桑の葉などのほか、栄養価の高いすいおうも含まれています。
すいおうは「健康野菜の王様」と呼ばれ、老化の原因となる活性酸素の除去作用を持つポリフェノールやルテイン、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている野菜です。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

数ある青汁の中から自分の身体に合った青汁商品を見つけて、ビフィズス菌やバランスの良い食事の摂取とともに、より効果的に無理のない方法で、腸内環境の改善を目指すと良いでしょう♪