青汁は便秘解消やデトックス、そして腸内環境を整えることなどに役立つといわれていますので興味を持っている人も多いでしょう。

そこで、腸内環境とは何か、腸内環境・便秘と青汁成分の関係、青汁を飲むタイミングやアレンジ、そしておすすめの青汁商品などについてご紹介します。
便秘で悩んでいる人はぜひ青汁を試してみましょう。

腸内環境とは?悪くなるとどうなる?便秘やアレルギーも

便秘やアレルギーなどに悩んでいる人は、腸内環境の悪化が原因かもしれません。
腸内環境とは、腸の健康状態だと理解するとよいでしょう。

人間には免疫システムが備わっていて、外部から侵入してきた有害なウイルスや細菌を免疫細胞が退治してくれることで健康に生活できるようになっています。
この免疫細胞の多くは腸内に存在していますので、腸の調子が悪くなると免疫細胞の活動に影響を及ぼす可能性があります。

また、腸内の細菌は善玉菌と悪玉菌などに分類できます。
善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌などが有名で、腸を健康に保つ働きをしています。
悪玉菌は大腸菌などが該当し、悪臭や毒を出しますので体に害を与える菌だといえます。
ただし、悪玉菌も一定の役割を担っていますので欠かせない存在ではあります。



これらさまざまなものがバランスよく腸内には存在している状態が腸内環境が良い状態だといえます。
腸内環境が良くなることによって免疫力が活性化して病気にかかりにくくなったり、腸のぜんどう運動が促されて便秘しにくくなったりします。

また、何らかの原因でバランスが崩れると腸内環境が悪化し、便秘や下痢をしやすくなり、また吹き出物やアレルギーなどにつながってしまう可能性があります。
さらにさまざまな病気になりやすくなることもあります。

そのため、腸内環境は常に良い状態に保つことが健康維持のためには必要なのです。

腸内環境を整えて便秘解消!青汁に含まれている効果的な成分

腸内環境を整えることによって便秘が解消される場合があります。

すず助手 すず

便秘に悩んでいる人は腸内環境を整えることが大切なんですね!
具体的には、どうすれば腸内環境を整えることができるんですか?

腸内環境を整えるためには青汁がおすすめです。
青汁に含まれている成分が腸内環境を整えることに役立つのです。

青汁には大麦若葉や明日葉などの緑黄色野菜が多く含まれていますが、これらの野菜は食物繊維が豊富です。
大麦若葉についてはこちら青汁の主原料の王様!「大麦若葉」の栄養成分と効果・効能、飲みやすさは?、明日葉についてはこちら青汁に含まれている「明日葉」の栄養と期待できる効果は?カルコンやクマリンで生活習慣病予防?へ。

食物繊維は腸内に溜まっている不要な老廃物の排出を助けてくれる存在ですし、腸を刺激してぜんどう運動を促す作用もあるといわれています。

食物繊維についてはこちら食物繊維とは?青汁に含まれている食物繊維の種類や、便秘解消&ダイエット効果など!

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

食物繊維は食品でも摂取できますが、青汁は手間もかからずコストも安いですので、青汁を飲むことによってこの食物繊維を簡単かつ効率的に摂取できますよ!

また、便秘解消に役立つ善玉菌を増やすためにはオリゴ糖も有効だといわれています。
オリゴ糖は野菜や果物にごくわずかに含まれる成分で、青汁によってはオリゴ糖を含むものもあります。

そういった青汁を選んで腸内環境を整えると便秘解消の実現に近づけるでしょう。

便秘解消♪デトックスに効果が欲しいならいつ飲めばいい?アレンジは?

便秘解消を目指して青汁を飲もうと考えている人は2つのポイントに注意するとよいでしょう。

1つ目は飲むタイミング、2つ目は長期的に飲み続けるためのアレンジです。

  • 1.飲むタイミング

まず1つ目のタイミングですが、青汁をいつ飲むかによって効果が変わる可能性があります。
便秘解消・デトックスを目指す場合は、食後ではなく食前に青汁を飲むことをおすすめします。
青汁を体内に入れることによって腸のぜんどう運動が促されることはご紹介しましたが、食前に飲むことによってスムーズな排便につながるのです。

また、時間帯にも注意が必要です。

便秘解消を目指す場合には、朝飲む方がよいのか夜飲むべきかは一概にはいえない面があります。

夜に青汁を飲むと夜間の腸の働きが促進されスムーズな排便につながることもありますが、睡眠中に腸の動きが活発になるため睡眠がとりにくいという人もいます。
その場合は朝食前に青汁を飲むとよいでしょう。



  • 2.長期的に飲み続けるためのアレンジ

2つ目のポイントはアレンジです。
青汁は長期的に飲み続けることで便秘防止につながります。

そのため長期的に続けることが大切です。しかし、青汁の味に飽きてしまう人もいるでしょう。
そういった事態に備えて青汁のアレンジ方法を知っておくことをおすすめします。

アレンジ方法はさまざまですが、例えば、牛乳と青汁をアレンジすると抹茶ミルクのような味になり、リンゴジュースと青汁のアレンジでは適度な甘みが出て後味もすっきりした飲み物になるでしょう。

その他にも、ポタージュと混ぜたりレモンを絞ったりすることでも味は変わりますし、豆乳と合わせるのもよいでしょう。
バナナはそれ自体が便秘解消効果があるといわれていますので、バナナと青汁のアレンジもおすすめです。

青汁のアレンジについてはこちら子供にもオススメな青汁の飲み方は?アレンジ、料理など!も参考になると思います。

便秘解消、デトックスにオススメな青汁一覧

便秘解消やデトックスを目指して青汁を飲んでみよう思っても、数多くの種類の商品が販売されていて、どれを購入すべきか迷ってしまうという人もいるでしょう。
そこで、おすすめの青汁をいくつかご紹介します。



1つ目はコーワという会社が販売している「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」です。
ゼリー状であることが特徴の青汁で、クマイザサや寒天などの食物繊維はもちろん緑黄色野菜である明日葉・ケールなど約40種類の植物発酵エキス、さらには100億個の乳酸菌を配合する点にこだわっています。

詳しくはこちら【KOWA(コーワ)】<黒糖抹茶青汁寒天ジュレ>口コミと美味しさの秘密!ダイエットにもいい?へ。

2つ目は株式会社シエルが販売している「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」です。
生きた乳酸菌が腸に届く点や美容効果が高いプラセンタが配合されている点が特徴です。
飲みやすさにもこだわりフルーツジュースのような仕上がりになっています。

詳しくはこちらシエル【めっちゃたっぷり フルーツ青汁】 の口コミ!ダイエットにオススメな理由とは?へ。

3つ目はリアルメイトが販売している「活きた酵素と青汁」です。
特徴としては、生きて腸まで届く乳酸菌が3種類配合されている点とパパイヤから抽出したパパイン酵素が含まれている点、さらにビオチンと呼ばれる栄養素が豊富である点があげられます。

4つ目はクラヴィスの「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」です。
この商品の特徴は181種類もの酵素と乳酸菌が配合されている点とコラーゲン、ヒアルロン酸そしてプラセンタといった美容成分も含まれている点です。
詳しくはこちら人気モデルぺこも愛用!クラヴィス【めっちゃぜいたくフルーツ青汁】 口コミとダイエット効果は?へ。

自分に合った青汁を見つけて便秘解消やデトックスを目指しましょう。

便秘解消&腸内環境を整えると、ニキビ改善などメリットもたくさん!

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

青汁を飲むことによって便秘を解消したり腸内環境を整えたりできれば、ニキビの改善にもつながる可能性があります。
10代のニキビの原因の多くは、過剰な皮脂の分泌が原因だといわれています。

そのため、スキンケアで余分や皮脂を取り除くことで改善できる場合が多いです。
しかし、大人になってからのニキビは、肌の新陳代謝が乱れてしまい古い角質が毛穴をふさいでしまうことによって起こるといわれています。

肌の新陳代謝が乱れる原因として食生活の乱れが考えられますが、食生活の乱れは野菜不足が同時に発生していることが多いです。
青汁を飲むことによって野菜不足が解消でき、ニキビができるのを防ぐことに役に立つでしょう。



また、便秘が原因でもニキビができる場合があります。
便秘は腸内環境悪化の結果起こる場合が多いですので腸内環境をよくすることが便秘解消、そしてニキビの解消につながります。

青汁を飲むことで成分として含まれている食物繊維が排便の助けとなりますし、青汁に含まれている成分は善玉菌のエサとなって善玉菌の増加を助けてくれます。
その結果、腸内環境の良化が期待できるでしょう。

葉加瀬みどり 青汁教授 葉加瀬みどり

青汁を飲むことは便秘の解消や腸内環境の改善そしてニキビ解消などのメリットがありますので、自分に合った青汁を選んで長期的に続けることをおすすめします。